インストールおよび起動

ここでは、RTSystemEditor のインストールおよび起動について説明します。

RTSystemEditor のインストール

RTSystemEditor は Eclipse プラグインであるため、 Eclipse 本体および依存している他の Eclipse プラグインをまずインストールする必要があります。 インストールに関しては、OpenRTM Eclipse tools のインストール を参照してください。

RTSystemEditor の起動

  1. インストール後、 Eclipse を初めて起動すると、以下のような「ようこそ」画面が表示されます。
    画面左上の「✖」をクリックし、「ようこそ」画面を閉じます。

    RTCBuilder1.1.2_021.jpg


  2. 以下の画面で、右上の [パースペクティブを開く] ボタンをクリックします。

    RTCBuilder1.1.2_022.jpg


  3. [RT System Editor] を選択し、[OK] ボタンをクリックします。

    RTCBuilder1.1.2_023.jpg


  4. RTSystemEditor が起動します。

    RTCBuilder1.1.2_024.jpg


Download

latest Releases

For Begginers

Windows msi(installer) package (only trying samples)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

Development environment is required for RT-Component development. See download page for details.

Number of Projects

Choreonoid

Motion editor/Dynamics simulator

OpenHRP3

Dynamics simulator

OpenRTP

Integrated Development Platform

AIST RTC collection

RT-Components collection by AIST

TORK

Tokyo Opensource Robotics Association

DAQ-Middleware

Middleware for DAQ (Data Aquisition) by KEK