Testing

Raspberry Pi にログイン後、コマンドからデバイスファイルを操作することで動作確認を行います。 各デバイスの位置などは ラズパイマウスのマニュアル を参考にしてください。

LED

以下のコマンドで LED が点灯、消灯しているかを確認してください。

 echo 1 > /dev/rtled0
 echo 0 > /dev/rtled0

 echo 1 > /dev/rtled1
 echo 0 > /dev/rtled1

 echo 1 > /dev/rtled2
 echo 0 > /dev/rtled2

 echo 1 > /dev/rtled3
 echo 0 > /dev/rtled3

スイッチ

スイッチを押した状態、離した状態で以下のコマンドを入力してください。

 cat /dev/rtswitch0
 cat /dev/rtswitch1
 cat /dev/rtswitch2
 cat /dev/rtswitch3

ブザー

以下のコマンドでブザーが鳴るかを確認してください。

 echo 440 > /dev/rtbuzzer0
 echo 0 > /dev/rtbuzzer0

距離センサー

距離センサーに物体を近づけた状態、離した状態で以下のコマンドを入力してください。

 cat /dev/rtlightsensor0

モーター

最初にモーター電源スイッチを ON にしてください。

rpm10.png

以下のコマンドで車輪が回転するかを確認してください。

 echo 1 > /dev/rtmotoren0
 
 echo 400 > /dev/rtmotor_raw_l0
 echo -400 > /dev/rtmotor_raw_l0
 echo 0 > /dev/rtmotor_raw_l0
 
 echo 400 > /dev/rtmotor_raw_r0
 echo -400 > /dev/rtmotor_raw_r0
 echo 0 > /dev/rtmotor_raw_r0
 
 echo 0 > /dev/rtmotoren0

終わったらモーター電源スイッチを OFF にしてください。

Download

latest Releases

For Begginers

Windows msi(installer) package (only trying samples)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

Development environment is required for RT-Component development. See download page for details.

Number of Projects

Choreonoid

Motion editor/Dynamics simulator

OpenHRP3

Dynamics simulator

OpenRTP

Integrated Development Platform

AIST RTC collection

RT-Components collection by AIST

TORK

Tokyo Opensource Robotics Association

DAQ-Middleware

Middleware for DAQ (Data Aquisition) by KEK