概要・RTC作成の流れ

動作環境

RTCBuilder の動作に必要な環境は以下のとおりです。

環境 備考
Java Development Kit 6 注意:Java1.5(5.0)では動作しません。
Eclipse 3.4.2以上
http://www.eclipse.org/downloads/index.php
http://archive.eclipse.org/eclipse/downloads/index.php
Eclipse 本体
Eclipse EMF 2.4以上(SDO,XSD含む) RTCBuilder が依存する Eclipse プラグイン
ご使用になられる Eclipse のバージョンに合ったものをご使用ください。
Eclipse GEF 3.4以上(Draw2D含む) RTCBuilderが依存する Eclipse プラグイン
ご使用になられる Eclipse のバージョンに合ったものをご使用ください。
Eclipse Java development tools(JDT) ご使用になられる Eclipse のバージョンに合ったものをご使用ください。

また以下の開発を行う言語によっては以下の環境をインストールしておくと便利です。

環境 備考
Eclipse CDT C++ 用の開発環境
Pydev for Eclipse python 用の開発環境

RTC 作成の流れ (C++ 言語の場合)

C++ 言語で RTC を作成する場合、以下のツールが必要となります。
  1. RTCBuilder のコード生成により ソースコードの雛型と CMake の入力に必要なファイルを出力します。
  2. RTCBuilder が生成したコードから CMake により、ユーザーの開発環境にあったビルドファイル(Visual Studio ソリューションファイルや GCC の Unix Makefiles など ) を生成します。
  3. CMake によって生成されたビルドファイルとソースコードからコンポーネント(dll や so)を生成します。

制限

RTCBuilder は、OpenRTM-aist を対象に開発されたものです。その他の RTC プラットフォームに対する動作は想定しておりません。

Download

latest Releases

For Begginers

Windows msi(installer) package (only trying samples)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

Development environment is required for RT-Component development. See download page for details.

Number of Projects

Choreonoid

Motion editor/Dynamics simulator

OpenHRP3

Dynamics simulator

OpenRTP

Integrated Development Platform

AIST RTC collection

RT-Components collection by AIST

TORK

Tokyo Opensource Robotics Association

DAQ-Middleware

Middleware for DAQ (Data Aquisition) by KEK