[openrtm-users 01698] 【再送】ROBOMEC2011 「OpenRTM-aist-1.1 講習会」の開催ご案内

2 posts / 0 new
Last post
root
Offline
Last seen: 2 weeks 4 days ago
Joined: 2009-06-23 14:31
[openrtm-users 01698] 【再送】ROBOMEC2011 「OpenRTM-aist-1.1 講習会」の開催ご案内

OpenRTM-aist usersメーリングリストの皆さま

産総研 安藤です

#このご案内は、複数のメーリングリストへ配信しております。重複してお受け
#取りになられた場合はどうかご容赦下さい。

ROBOMEC2011 RTミドルウエア講習会のご案内を再送させていただきます。

まだ、若干名の空きがございますが定員(30名)になり次第締め切らせて
いただきます。なお、講習会のみの参加の場合、ROBOMECへの参加登録は
不要ですので、お近くにご興味のある方がいらっしゃいましたらお誘い合
わせのうえお気軽にお申し込みください。

下記OpenRTM-aist Webページ右上から申し込みページに入り、Web上で簡
単に参加申し込みが可能です。

http://www.openrtm.org/openrtm/ja

産総研 Geoffrey Biggs です。

このご案内は、複数のメーリングリストへ配信しております。重複してお受け
取りになられた場合はどうかご容赦下さい。

ROBOMEC2011 RTミドルウエアチュートリアル
          「OpenRTM-aist-1.1 講習会」の開催ご案内

■概要

日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門主催、(独)産業技術総合研究
所企画によりますRTミドルウエアの講習会を、ROBOMEC2011チュートリアル
「OpenRTM-aist-1.1 講習会」として開催することになりましたので、ご案内申
し上げます。

本講習会は、RTミドルウエアやRTコンポーネントの概念、作成方法、各種ツー
ルの使い方などを解説するとともに、参加者の方に持参いただいたノートPCを
使い実際にRTコンポーネントを作成しながら、RTミドルウエアの使い方を学ぶ
実習形式の講習会となっております。

RTミドルウエアは、ロボットを構成する様々な要素をモジュール化し、容易に
組み合わせることができるようにするソフトウエア基盤です。様々な言語
(C++, Java, Python) や、様々な OS (Windows, Linux, etc.) で作成したモ
ジュール同士を自由に連携することができるのが特徴です。

この講習会により、RTミドルウェア技術に興味を持たれる方の理解を深め、こ
れからのロボットソフトウエア開発者に不可欠なRTミドルウェアに精通する技
術者の輪が広がるものと期待しています。関係各位の積極的なご参加を頂きま
すよう、お願い申し上げます。

なお、今年もRSi (Robot Service Initiative) さんとの合同セッション
を第1部にて企画しております。RSi はロボットによる通信ネットワークを活用
したサービスを簡単に利用できる社会を目指し、仕様の作成・公開、実証実験、
普及促進を行っている組織です。RSiの活動や、昨年新たにリリースされた標準
仕様「ロボット・サービス・ネットワーク・プロトコル(RSNP)2.1」について
解説していただける予定です。

1. 日時: 平成23年5月26日(木), 10:00〜17:00
2. 場所: 岡山コンベンションセンター
     4階 405会議室
3. 交通アクセス:
     詳細はROBOMEC2011 Webページをご覧ください。
4. 聴講料: 無料
5. 定員: 30名程度を予定しております。
6. 参加登録: i), ii) 両方へのお申し込みをお願いいたします
  i) ROBOMEC2011への参加登録をお願いいたします。
  ii) OpenRTM-aistオフィシャルサイトのユーザー登録をお願いいたします。
   ※ 登録方法は、後ほど下記Webページに掲載いたします。
7. 事前準備: ノートPCを使用した実習を予定しております。
       詳細は後ほど下記Webページに掲載いたします。
8. プログラム:
 10:00-10:50  第1部(その1):OpenRTM-aist-1.1.0の新機能および今後の展望
について
 11:00-11:50  第1部(その2):RSiおよびRSNPの概要
 11:50-12:00  質疑応答・意見交換
 13:00-13:30  第2部:OpenRTM-aist サンプルコンポーネントの紹介とその利用法
 13:30-14:00  第3部:OpenRTM-aist コマンドラインツールrtshell 利用法
 14:10-15:00  第4部:OpenRTM-aist開発支援ツールの紹介とその利用法
 15:15-17:00  第5部:コンポーネント開発実習

9. 問合せ先・申込先:
  (独)産業技術総合研究所 RTミドルウエア講習会事務局
  e-mail: openrtm-tutorial@m.aist.go.jp

OpenRTM-aist Webページ:
http://www.openrtm.org
OpenRTM-aist 講習会 Webページ
http://www.openrtm.org/openrtm/ja/node/1537

Undefined
root
Offline
Last seen: 2 weeks 4 days ago
Joined: 2009-06-23 14:31
[openrtm-users 01684] ROBOMEC2011 「OpenRTM-aist-1.1 講習会」の開催ご案内

OpenRTM-aist メーリングリストの皆さま

産総研 Geoffrey Biggs です。

このご案内は、複数のメーリングリストへ配信しております。重複してお受け
取りになられた場合はどうかご容赦下さい。

ROBOMEC2011 RTミドルウエアチュートリアル
          「OpenRTM-aist-1.1 講習会」の開催ご案内

■概要

日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門主催、(独)産業技術総合研究
所企画によりますRTミドルウエアの講習会を、ROBOMEC2011チュートリアル
「OpenRTM-aist-1.1 講習会」として開催することになりましたので、ご案内申
し上げます。

本講習会は、RTミドルウエアやRTコンポーネントの概念、作成方法、各種ツー
ルの使い方などを解説するとともに、参加者の方に持参いただいたノートPCを
使い実際にRTコンポーネントを作成しながら、RTミドルウエアの使い方を学ぶ
実習形式の講習会となっております。

RTミドルウエアは、ロボットを構成する様々な要素をモジュール化し、容易に
組み合わせることができるようにするソフトウエア基盤です。様々な言語
(C++, Java, Python) や、様々な OS (Windows, Linux, etc.) で作成したモ
ジュール同士を自由に連携することができるのが特徴です。

この講習会により、RTミドルウェア技術に興味を持たれる方の理解を深め、こ
れからのロボットソフトウエア開発者に不可欠なRTミドルウェアに精通する技
術者の輪が広がるものと期待しています。関係各位の積極的なご参加を頂きま
すよう、お願い申し上げます。

なお、今年もRSi (Robot Service Initiative) さんとの合同セッション
を第1部にて企画しております。RSi はロボットによる通信ネットワークを活用
したサービスを簡単に利用できる社会を目指し、仕様の作成・公開、実証実験、
普及促進を行っている組織です。RSiの活動や、昨年新たにリリースされた標準
仕様「ロボット・サービス・ネットワーク・プロトコル(RSNP)2.1」について
解説していただける予定です。

1. 日時: 平成23年5月26日(木), 10:00〜17:00
2. 場所: 岡山コンベンションセンター
     4階 405会議室
3. 交通アクセス:
     詳細はROBOMEC2011 Webページをご覧ください。
4. 聴講料: 無料
5. 定員: 30名程度を予定しております。
6. 参加登録: i), ii) 両方へのお申し込みをお願いいたします
  i) ROBOMEC2011への参加登録をお願いいたします。
  ii) OpenRTM-aistオフィシャルサイトのユーザー登録をお願いいたします。
   ※ 登録方法は、後ほど下記Webページに掲載いたします。
7. 事前準備: ノートPCを使用した実習を予定しております。
       詳細は後ほど下記Webページに掲載いたします。
8. プログラム:
 10:00-10:50  第1部(その1):OpenRTM-aist-1.1.0の新機能および今後の展望
について
 11:00-11:50  第1部(その2):RSiおよびRSNPの概要
 11:50-12:00  質疑応答・意見交換
 13:00-13:30  第2部:OpenRTM-aist サンプルコンポーネントの紹介とその利用法
 13:30-14:00  第3部:OpenRTM-aist コマンドラインツールrtshell 利用法
 14:10-15:00  第4部:OpenRTM-aist開発支援ツールの紹介とその利用法
 15:15-17:00  第5部:コンポーネント開発実習

9. 問合せ先・申込先:
  (独)産業技術総合研究所 RTミドルウエア講習会事務局
  e-mail: openrtm-tutorial@m.aist.go.jp

OpenRTM-aist Webページ:
http://www.openrtm.org
OpenRTM-aist 講習会 Webページ
http://www.openrtm.org/openrtm/ja/node/1537

Log in or register to post comments

Download

latest Releases

For Begginers

Windows msi(installer) package (only trying samples)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

Development environment is required for RT-Component development. See download page for details.

Number of Projects

Choreonoid

Motion editor/Dynamics simulator

OpenHRP3

Dynamics simulator

OpenRTP

Integrated Development Platform

AIST RTC collection

RT-Components collection by AIST

TORK

Tokyo Opensource Robotics Association

DAQ-Middleware

Middleware for DAQ (Data Aquisition) by KEK