know how

Know how

OpenRTM-aistをBeagleBoardへ実装する方法

images.jpg
OpenRTM-aist(C++ 版 ) を テキサス・インスツルメンツ (Digi-Key 協力 ) により開発されたシングルボードコンピュータの BeagleBoard へ実装する方法を示すものです。
OpenRTM-aist と 本 web サイトからダウンロードできる OpenCV-rtcs を使用して、 BeagleBoard に接続された web カメラの映像を PC でビュアするシステムを紹介します。

概要

BeagleBoard は、フラッシュメモリは搭載されておらず、 microSD カードを起動媒体となっています。本書は、microSD カードに ubntu( 最小構成 ) をインストールし、その上で OpenRTM-aist を動作させる手順を示します。また、OpenCV をインストールし、OpenCV-rtcs の OpenCVCamera コンポーネントを動作させ、 PC で CameraViewer コンポーネントを動作させます。

RTSE1.jpg
システム概要

Documentation:

Download

latest Releases

For Begginers

Windows msi(installer) package (only trying samples)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

Development environment is required for RT-Component development. See download page for details.

Number of Projects

Choreonoid

Motion editor/Dynamics simulator

OpenHRP3

Dynamics simulator

OpenRTP

Integrated Development Platform

AIST RTC collection

RT-Components collection by AIST

TORK

Tokyo Opensource Robotics Association

DAQ-Middleware

Middleware for DAQ (Data Aquisition) by KEK