ステータスメッセージ

このフォームは閉じられました。

ROBOMECH2020講習会 (2020年5月27日(水))

head000.jpg

ROBOMECH2020講習会

2020年5月27日(水)にオンラインで講習会を開催しました。

日時・場所

  • 主催: (公社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門 RTシステムインテグレーション部会
  • 協賛: ROBOMECH2020, (公社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門
  • 日時: 2020年5月27日(水), 11:00~17:00
  • 場所: 金沢歌劇座
  • ROBOMECH2020の現地開催中止に伴い、本講座のオンラインでの開催を決定いたしました。
  • 聴講料: 無料
  • 参加者: 1部10名、実習(第2部)8名(+講師・スタッフ3名)

過去の講習会

こちらから、過去の講習会の資料および写真などがご覧いただけます。

プログラム

オンライン開催に伴い、一部プログラムが変更になりました。

11:00 -11:50 第1部:OpenRTM-aistおよびRTコンポーネントプログラミングの概要
担当:安藤慶昭 氏 (産総研)
概要: RTミドルウェア(OpenRTM-aist)はロボットシステムをコンポーネント指向で構築するソフトウェアプラットフォームです。RTミドルウェアを利用することで、既存のコンポーネントを再利用し、モジュール指向の柔軟なロボットシステムを構築することができます。RTミドルウエアについて、その概要およびRTコンポーネントの機能やプログラミングの流れについて説明します。
講義資料:200527-01.pdf
11:50 -12:00 質疑応答・意見交換
12:00 -12:10 実習に必要なソフトウェアのインストールの確認
12:10 -13:10 休憩
13:10 -16:00 第2部:RTコンポーネントの作成入門
- 担当:宮本 信彦 氏(産総研)
- 概要:RTシステムを設計するツールRTSystemEditorおよびRTコンポーネントを作成するツールRTCBuilderの使用方法について解説するとともに、移動ロボットのシミュレータを用いた実習によりRTCBuilder、RTSystemEditorの利用法の学習します。
チュートリアル(第2部、Windows)
チュートリアル(第2部、Ubuntu)
講義資料:190605-02.pdf


講義資料

第1部

第2部

参考資料

事前準備

PC

第2部ではプログラミング実習を行うため、PCの用意をお願いします。 スマホやタブレットでは参加できません。

資料

以下のZIPファイルをダウンロードしてLhaplus等で展開してください。

インストールするソフトウェア

Windowsの場合

以下のソフトウェアをインストールしてください。リンクが切れている場合は、最新バージョンをインストールしてください。 なお、Windowsが64bit版の場合はそれぞれ64bit版のものを、32bit版の場合は32bit版のものをダウンロードします。

※Python 3.8がインストール済みの場合は以下のOpenRTM-aist 1.2.2-Betaをインストールしてください。(64bit版のみ)

Ubuntuの場合

OpenRTM-aist

 $ wget https://raw.githubusercontent.com/OpenRTM/OpenRTM-aist/master/scripts/pkg_install_ubuntu.sh
 $ sudo sh pkg_install_ubuntu.sh -l all --yes

JDK

 # Ubuntu 18.04、18.10の場合
 $ sudo apt-get install openjdk-8-jdk
 # Ubuntu 16.04の場合
 $ sudo apt-get install default-jdk

Ubuntu 18.04、18.10の場合は以下のコマンドでjava8に切り替えます。

 $ sudo update-alternatives --config java

Git

 $ sudo apt-get install git

Premake(RaspberryPiMouseSimulator に必要)

 $ sudo apt-get install premake4

GLUT(RaspberryPiMouseSimulator に必要)

 $ sudo apt-get install freeglut3-dev

RaspberryPiMouseSimulator コンポーネント

 $ wget https://raw.githubusercontent.com/OpenRTM/RTM_Tutorial_ROBOMECH2019/master/script/install_raspimouse_simulator.sh
 $ sh install_raspimouse_simulator.sh

Code::Blocks(任意)

 $ sudo apt-get install codeblocks

cmake-gui(任意)

 $ sudo apt-get install cmake-qt-gui

講習会申し込み方法

connpassから参加申し込みを行ってください。

※5月15日以前にこのページの申し込みフォームから申し込みを行った場合については、既に申し込みを受理しているため再度connpassから申し込みを行う必要はありません。

オンライン開催での注意事項

今回のRTミドルウェア講習会はZoomを使用してオンラインで開催します。 以下の受講者用マニュアルをご一読ください。


ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1820
プロジェクト統計
RTコンポーネント296
RTミドルウエア26
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク