ビュー(プロパティビュー編)

ここではプロパティビューについて説明します。

fig34propertyView.png
プロパティビューの位置


プロパティビューでは、 System Dialog で選択された RTC やコネクタのプロファイル情報をリアルタイムに表示します。( RTC の選択中であっても変更が検出されれば即座に反映されます)

RTCの場合 複合RTCの場合 マネージャの場合
fig353TypePropertyView1.png
fig353TypePropertyView2.png
fig353TypePropertyView3.png

プロパティビュー


表示されるアイコンの意味は以下のとおりです。

プロパティアイコンの一覧

No. アイコン 名前 表示内容
1
IconRTC2.png
RTC InstanceName、TypeName、Description、Vender、Category、State(※1番目の ExecutionContext の LifeCycleState を基にして表示される)
2
IconExecContext.png
ExecutionContext State、Kind、Rate
3
IconServicePort.png
ServicePort Name、プロパティ情報のリスト
4
IconOutPort.png
Outport Name、プロパティ情報のリスト
5
IconInPort.png
Inport Name、プロパティ情報のリスト
6
IconPIP.png
PortInterfaceProfile InterfaceName、TypeName、PortInterfacePolarity
7
IconMgr.png
マネージャー Components (生成したコンポーネント名のリスト)
Loadable Modules (ロード可能なモジュール名のリスト)
Loaded Modules (ロード済みのモジュール名のリスト)
なお、RTC の仕様では、RTC のLifeCycleState は ExecutionContext ごとに存在します。したがって、状態は複数存在しますが、RT System Editorでは1番目の ExecutionContext のみを使用して STATE を 表示します。

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1796
プロジェクト統計
RTコンポーネント296
RTミドルウエア26
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク