対戦アルゴリズムを容易に変更可能なエアホッケーロボットRTC

対戦アルゴリズムを容易に変更可能なエアホッケーロボットRTC

投稿者: 
uyaponz
対戦アルゴリズムを容易に変更可能なエアホッケーロボットRTC

概要

本システムは、電気通信大学知能システム学講座に設置されている エアホッケーロボットを使った対戦アルゴリズム開発を促進するものであり、 以下の4つのコンポーネントで構成されています。

  • エアホッケー関連のパラメータを管理・供給するコンポーネント
  • パックの位置を検出するコンポーネント
  • マレットの位置を検出するコンポーネント
  • ロボットアームを制御するコンポーネント

これらのコンポーネント群を利用して対戦アルゴリズムRTCを作成することで、 対戦アルゴリズムの開発や比較検証を容易に行うことができます。

コンポーネント

  • AHCommonData : エアホッケー関連のパラメータをサービスポートにより供給する
  • PuckTracker : パックの位置を検出し出力する
  • MalletTracker : マレットの位置を検出し出力する
  • HockeyArmController : ロボットアームを制御する
  • AHAttack : 対戦アルゴリズムのサンプルRTC

ダウンロード

問合先(メールアドレス): 
ysatoh@taka.is.uec.ac.jp
Resources
Project Information
OS: 
Linux
言語: 
C++
OpenRTM ver.: 
1.0
Average: 
4.5
Average: 4.5 (2 votes)
最終更新日時: 
火, 2012-12-18 13:45

コメント

投稿者: 

栗原と申します。

マニュアルやソースはどこからダウンロードできますか?

投稿者: 

栗原様

お世話になっております。本RTC作者の佐藤です。
諸事情により大変遅くなりまして申し訳ありません。

マニュアル・ソースコードをアップロードいたしましたので、
是非ご覧いただければと思います。

よろしくお願いいたします。

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1805
プロジェクト統計
RTコンポーネント296
RTミドルウエア26
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク