[openrtm-users 03362] 「画像処理コンポーネントの作成」におけるcv::Matとデータポート

1 つの投稿 / 0 new
MASUTANI Yasuhiro
オフライン
Last seen: なし 前
登録日: 2016-04-22 09:00
[openrtm-users 03362] 「画像処理コンポーネントの作成」におけるcv::Matとデータポート

OpenRTM MLの皆様,

大阪電通大の升谷です.連投失礼します.

WindowsでOpenRTM-aist-1.1.2-RELEASE_x86_64.msiをインストールし,Visual
Studio 2012で使っています.

画像処理コンポーネントの作成
(Windows 8.1, OpenRTM-aist-1.1.2-RELEASE, OpenRTP-1.1.2, CMake-3.5.1, VS2013)
http://openrtm.org/openrtm/ja/node/6057

を試しているのですが,cv::Matとデータポートの使い方で相談に乗っていた
だきたくメイルいたしました.

cv::Matには,ユーザが確保したメモリ領域をデータにする機能がありますの
で,それを使えばメモリ領域の確保(create())やデータのコピー(memcpy())
をせずに済み,パフォーマンスが向上し,コードも単純になると考えました.

http://opencv.jp/cookbook/opencv_mat.html

そこで,Flip.cppのonExecute()を以下のように書き換えました.

未定義

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1839
プロジェクト統計
RTコンポーネント297
RTミドルウエア28
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク