[openrtm-users 03054] eSEAT ver.2の公開

1 つの投稿 / 0 new
isao-hara
オフライン
Last seen: 1年 4ヶ月 前
登録日: 2011-06-04 18:20
[openrtm-users 03054] eSEAT ver.2の公開

皆様:

こんにちは、産総研の原です。

昨年のSI2013でもコンテストに出していたのですが、OpenHRIの対話制御モジュールのSEAT
を改修し、コンテストに出していたSUITとの統合がほぼ終わりましたので公開いたします。
#名前は eSEATに変更いたします。

まだ、ソースコードのリポジトリを作成していませんが、

http://hara.jpn.com/_default/ja/Software/eSEAT2.html

にドキュメント、ソースコード、py2exeによるWindows用実行ファイルを置いています。
# 利用サンプルなどのドキュメントは、今後も追加予定です。

大きな変更点は、
1. SEATMLスキーマの変更
2. SEAT と SUITの統合(GUI用のアイテム定義がなければ、SEATのように動作します)
3.データポートのデータ型としてOpenRTM-aistで定義したほぼすべての型への対応

現在は、以前のSEAT用に作成したSEATMLファイルも動作するようにしていますが、
今後は、新しいスキーマへ移行をしていきたいと思っています。

何にか不具合等がございましたらこのMLの方に投稿いただければ幸いです。

以上、よろしくお願いいたします。

未定義

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1839
プロジェクト統計
RTコンポーネント297
RTミドルウエア28
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク