ステータスメッセージ

このフォームは閉じられました。

RTミドルウェア強化月間2019 in 早稲田大学・RTミドルウェア講習会

bootcamp_waseda2014.jpg

RTミドルウェア強化月間 in 早稲田大学・RTミドルウェア講習会

RTミドルウェア強化月間として、早稲田大学西早稲田キャンパスにおいて,RTミドルウェア講習会を開催いたしました.

日時・場所

  • 日時: 2019年7月11日 (木) 13:00〜17:00
  • 場所・アクセス: 早稲田大学 西早稲田キャンパス、55号館S棟4階 ゼミ・会議室A(407室)
  • 聴講料: 無料
  • 参加者: 10名(+講師・スタッフ6名)

他の強化月間講習会

プログラム(プログラムは変更になる可能性があります)

13:00 -14:00 第1部:RTミドルウエア: OpenRTM-aist概要
担当:安藤慶昭(産総研)
概要:RTミドルウエアはロボットシステムをコンポーネント指向で構築するソフトウエアプラットフォームです。RTミドルウエアを利用することで、既存のコンポーネントを再利用し、モジュール指向の柔軟なロボットシステムを構築することができます。RTミドルウエアの産総研による実装であるOpenRTM-aistについてその概要について説明します。
講義資料190605-01.pdf
14:15 -17:00 第2部: RTコンポーネントの作成入門
担当:宮本信彦(産総研)
概要:RTシステムを設計するツールRTSystemEditorおよびRTコンポーネントを作成するツールRTCBuilderの使用方法について解説するとともに、RTCBuilderを使用したRTコンポーネントの作成方法を実習形式で体験していただきます。
チュートリアル(Raspberry Pi Mouse、Windows編)
チュートリアル(Raspberry Pi Mouse、Ubuntu編)
講義資料190711-02.pdf

必要機材

  • ノートPC
    • OS: Windowsを推奨します。
    • Eclipseが動作する程度のスペックが必要です
    • メモリ: 1GB以上
    • CPU: Core2Duo以上
    • HDD空き: 5GB以上 (Visual C++の場合)
  • USBカメラ (USBカメラ無しで申込まれた方には貸与いたします)

Windowsのファイアウォールは必ず切っておいてください。 セキュリティーソフトにもファイアウォールが設定されている場合がありますので、そちらもOFFにしておいてください。

必要ソフトウエア

あらかじめインストールしておくべきソフトウエアは以下のとおりです。以下のリンクをクリックし、ファイルをダウンロード・インストールしてください。(一部のリンクはダウンロードページへ飛びますので、飛んだ先のページ内で適切なファイルをそれぞれダウンロードしてください。


講義資料

第1部 RTミドルウエア: OpenRTM-aist概要

第2部 RTコンポーネントの作成入門

講習会の様子

190711-01.jpg

190711-02.jpg

190711-03.jpg

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.0-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1735
プロジェクト統計
RTコンポーネント292
RTミドルウエア22
ツール20
文書・仕様書1

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム