ゴミ捨て動作により映像が変化するディスプレイ付きゴミ箱の開発

ゴミ捨て動作により映像が変化するディスプレイ付きゴミ箱の開発

投稿者: 
Kohei KBT

can.jpg

概要・特徴

  • RTミドルウェアを使って人の動作に反応して映像が変化するディスプレイ付きゴミ箱
  • 映像は物理エンジン「Bullet」で作り,入れたゴミをタピオカに変換して落ちてくるようなもの
  • 高校の文化祭で展示し、多くの来場者に体験してもらった

仕様

  • 言語: C++
  • OS: Windows 10

コンポーネント群

新規作成

  • music: DXライブラリを使用した音声出力を行う
  • distance: 距離が変化したことを検出する
  • CreateTapioca: 物理エンジン「Bullet」を使用し、ディスプレイ上でタピオカの映像を表示する

既存のコンポーネント

  • RTnoProxy: arduino用のライブラリ「RTno」と通信するコンポーネント
  • DataProcessing: 数学関数を指定することで入力データに処理を行うことが可能な汎用演算コンポーネント

概要スライド

動画

ソースコード及びマニュアル

問合先(メールアドレス): 
tacotanx@gmail.com
Project Information
OS: 
Windows
言語: 
C++
OpenRTM ver.: 
1.2
Average: 
0
まだ投票はありません
最終更新日時: 
日, 2019-12-08 21:54

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1810
プロジェクト統計
RTコンポーネント296
RTミドルウエア26
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク