CMakeのオプション一覧

オプション一覧

名前 説明 デフォルト
CORBA 利用するCORBAのライブラリの種類(omniORB、TAO、ORBexpress) omniORB
ORB_ROOT CORBAのライブラリをインストールした場所 設定しない場合、Ubuntu、omniORBの場合はFindPkgConfigで検索。それ以外はエラー
SSL_ENABLE SSLによるセキュアな通信を有効にするためのプラグインを生成するか
ON:生成する
OFF:生成しない
OFF
HTTP_ENABLE HTTP通信を有効にするためのプラグインを生成するか
ON:生成する
OFF:生成しない
OFF
OPENSSL_ROOT OpenSSLの各種ファイルを配置したディレクトリ。Windowsの場合は必須
OBSERVER_ENABLE コンポーネントオブザーバーを有効にするかどうか
ON:有効
OFF:無効
OFF
DOCUMENTS_ENABLE Doxygenでドキュメントを生成するかどうか
ON:生成する
OFF:生成しない
OFF
ROS_ENABLE ROS通信用シリアライザ、インターフェースを生成するか
ON:生成する
OFF:生成しない
OFF
FASTRTPS_ENABLE DDS(Fast-RTPS)通信用インターフェースを生成するか
ON:生成する
OFF:生成しない
OFF
ROS2_ENABLE ROS2通信用シリアライザを生成するか
ON:生成する
OFF:生成しない
OFF
EXAMPLES_ENABLE サンプルコンポーネントを生成するかどうか
ON:生成する
OFF:生成しない
ON
UTILS_ENABLE サンプルコンポーネントを生成するかどうか
ON:生成する
OFF:生成しない
ON
EXTLIB_ENABLE サンプルコンポーネントを生成するかどうか
ON:生成する
OFF:生成しない
ON
FLUENTBIT_ENABLE Fluent Bitロガープラグインを生成するかどうか
ON:生成する
OFF:生成しない
OFF
FLUENTBIT_ROOT Fluent Bitのソースコードのディレクトリ
OPENSPLICE_ENABLE DDS(OpenSplice)通信用インターフェースを生成するか
ON:生成する
OFF:生成しない
OFF
OPENSPLICE_DIR OpenSpliceをインストールしたディレクトリ
RAPIDXML_DIR rapidxmlを展開したディレクトリ

omniORBに関するオプション

名前 説明 デフォルト
OMNI_VERSION omniORBのメジャーバージョン。omniORBを手動でビルド、任意の場所にインストールした場合は必須 設定しなかった場合、LinuxでomniORBがpkg-configでインストールした場合は自動的に設定する。それ以外はエラー
OMNI_MINOR omniORBのマイナーバージョン。omniORBを手動でビルド、任意の場所にインストールした場合は必須 同上
OMNITHREAD_VERSION omniThreadのバージョン。omniORBを手動でビルド、任意の場所にインストールした場合は必須 同上

ビルドを選択可能なモジュールの依存関係

  • OBSERVER_ENABLE
  • DOCUMENTS_ENABLE
  • EXAMPLES_ENABLE
  • UTILS_ENABLE
  • EXTLIB_ENABLE

依存はlibcoil、libRTCのみ。

  • SSL_ENABLE
  • ROS_ENABLE
  • FASTRTPS_ENABLE

EXTLIB_ENABLEがONになっている必要がある。

  • ROS2_ENABLE

FASTRTPS_ENABLEがONになっている必要があるため、FastRTPSTransportのビルドは必須。

ダウンロード

最新バージョン : 2.0.1-RELESE

統計

Webサイト統計
ユーザ数:2210
プロジェクト統計
RTコンポーネント307
RTミドルウエア35
ツール22
文書・仕様書2

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク