エラーメッセージ

  • Warning: file_put_contents(temporary://fileTGueus): failed to open stream: "DrupalTemporaryStreamWrapper::stream_open" call failed file_unmanaged_save_data() (/var/www/html/openrtm/includes/file.inc ファイル 2024行).
  • ファイルを作成できませんでした。
  • Warning: file_put_contents(temporary://filepSa2Qr): failed to open stream: "DrupalTemporaryStreamWrapper::stream_open" call failed file_unmanaged_save_data() (/var/www/html/openrtm/includes/file.inc ファイル 2024行).
  • ファイルを作成できませんでした。

omniORBのビルド

Windows

omniORBのビルド

ビルドにはPython、Cygwinのインストールが必要です。

sslTp、httpTp機能を使う場合はOpenSSLのビルドが必要です。

Strawberry Perlをインストールして以下のコマンドを実行する。

 set OPENSSL_INSTALL_DIR=C:/work/openssl_install
 call "C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2019\Community\VC\Auxiliary\Build\vcvarsall.bat" amd64
 perl Configure VC-WIN64A --prefix=%OPENSSL_INSTALL_DIR% no-asm shared
 nmake install

omniORBのソースコードを入手します。

mk/platforms/x86_win32_vs_16.mkでPython、OpenSSLのパスを設定します。OPEN_SSL_ROOTを設定しなかった場合でもビルドは可能ですが、sslTp、httpTp機能は使えません。

 PYTHON = /cygdrive/c/Python310/python

 OPEN_SSL_ROOT = /cygdrive/c/work/openssl_install

config/config.mkでビルドする環境を指定してください。

 platform = x86_win32_vs_16

omniORBを展開したフォルダに移動して以下のコマンドを実行してください。

 set PATH=C:\cygwin64\bin;%PATH%;
 call "C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2019\Community\VC\Auxiliary\Build\vcvarsall.bat" amd64
 cd src
 make export

次にomniORBpyのビルドを実行します。 まずomniORBpyのソースコードを入手してください。

omniORBpyをomniORBのsrc/lib以下にコピーします。

 omniORB-4.x.y
    |--src
    |    |--lib
    |         |--omniORBpy
    |--mk
    |    |--platforms
    |            |--x86_win32_vs_16
    |--config
         |--config.mk

omniORBpyフォルダに移動してmakeコマンドを実行します。

 cd lib\omniORBpy
 make export

環境変数の設定

omniORB、omniORBpyの動作確認をするためには環境変数PATHPYTHONPATHの設定が必要です。

 set omniORB_DIR=C:/workspace/omniORB-4.3.0
 set PATH=%omniORB_DIR%\bin\x86_win32;%PATH%
 set PYTHONPATH=%omniORB_DIR%\lib\x86_win32;%omniORB_DIR%\lib\python;%PYTHONPATH%

Ubuntu

omniORBのビルド

sslTp、httpTp機能を使う場合はOpenSSLのインストールが必要です。

 sudo apt install libssl-dev

次にomniORBのソースコードを入手してビルドします。

 export PYTHON=/usr/bin/python3
 export OMNIORB_INSTALL_DIR=~/work/omniorb_install
 wget https://jaist.dl.sourceforge.net/project/omniorb/omniORB/omniORB-4.3.0/omniORB-4.3.0.tar.bz2
 tar xf omniORB-4.3.0.tar.bz2
 cd omniORB-4.3.0
 ./configure --prefix=${OMNIORB_INSTALL_DIR} --with-openssl
 make
 make install

omniORBpyのビルドを実行します。

 export PYTHON=/usr/bin/python3
 wget https://jaist.dl.sourceforge.net/project/omniorb/omniORBpy/omniORBpy-4.3.0/omniORBpy-4.3.0.tar.bz2
 tar xf omniORBpy-4.3.0.tar.bz2
 cd omniORBpy-4.3.0
 ./configure --with-omniorb=${OMNIORB_INSTALL_DIR} --prefix=${OMNIORB_INSTALL_DIR} --with-openssl
 make
 make install

環境変数の設定

omniORB、omniORBpyの動作確認をするためには環境変数PATHLD_LIBRARY_PATHPYTHONPATHの設定が必要です。

 export PATH=${OMNIORB_INSTALL_DIR}/bin:$PATH
 export LD_LIBRARY_PATH=${OMNIORB_INSTALL_DIR}/lib:${LD_LIBRARY_PATH}
 export PYTHONPATH=${OMNIORB_INSTALL_DIR}/lib/python3.6/site-packages:$PYTHONPATH

また、pkg-configでomniORBを検出するには以下のように環境変数PKG_CONFIGを設定する。

 export PKG_CONFIG_PATH=${OMNIORB_INSTALL_DIR}/lib/pkgconfig:$PKG_CONFIG_PATH

ダウンロード

最新バージョン : 2.0.1-RELESE

統計

Webサイト統計
ユーザ数:2149
プロジェクト統計
RTコンポーネント307
RTミドルウエア35
ツール22
文書・仕様書2

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク