コンパイル方法 (Windows、Java 編 )

Java でのビルド方法を説明します。

準備

事前に Java Development Kit 6 をインストールする必要があります。(注意:Java1.5(5.0)では動作しません。)

RTC Builder からのビルド手順

  1. RTCプロファイルエディタ画面で、[言語・環境] タブを開き、 [Java] を選択します。

    20%


  2. [基本タブ] を開き、[コードの生成] ボタンをクリックしてコードを生成します。

    20%


  3. コード生成対象言語の開発環境用プラグインがインストールされている場合、以下の確認メッセージが表示されるので [はい] をクリックします。その後、表示されたダイアログで [Java(デフォルト)] を選択し [OK] ボタンをクリックします。
    Java 言語の場合は、JDT(Java Development Tools) があらかじめ Eclipse に含まれています。

    20%

    20%


  4. パッケージエクスプローラー内に、プロジェクトの情報が表示されますが、一部表示されていないため、メニューから [ファイル] > [更新] を選択するか、パッケージエクスプローラー内で [F5] キーをクリックして情報を更新します。

  5. [build_モジュール名.xml] のファイルを右クリックし、[実行] > [1 Ant ビルド] を選択します。

    20%


  6. ビルドが実行され、コンソール画面にビルド結果が表示されます。

    20%


コマンドプロンプトからのビルド手順

  1. Apache Ant を以下のサイトからダウンロードします。Apache Ant とはビルドを実行するためのソフトウェアです。Eclipse には Ant プラグインが標準で内蔵されていますが、コマンドプロンプトからビルドを実行するためにはダウンロードする必要があります。

    ダウンロード:the Apache Ant Website

  2. Zipファイルを解凍して、フォルダー名を任意に変更します。(例:apache-ant-x.xx.x → ant )

  3. 任意のフォルダーに移動します。(例:C:\Program Files\ant )

  4. 環境変数を設定します。(画面は Windows10 のものです)
    1. システムのプロパティ画面を開き、[環境変数] ボタンをクリックします。

      system-property_01.png


    2. 「システム環境変数」で [新規] ボタンをクリックします。

      system-property_02.png


    3. 変数名に「ANT_HOME」、変数値に「C:\Program Files\ant」を入力し [OK] ボタンをクリックします。 ※変数値は ant フォルダーのパスを指定します。

      system-property_03.png


    4. 「システム環境変数」一覧から、変数名「Path」を選択し、[編集] ボタンをクリックします。

      system-property_04.png


    5. [新規] ボタンをクリックして、「%ANT_HOME%\bin」と入力し [OK] ボタンをクリックします。

      system-property_05.png


    6. JAVA_HOME を設定します。すでに設定されている場合は不要です。
      「システム環境変数」で [新規] ボタンをクリックします。

      system-property_02.png


    7. 変数名に「JAVA_HOME」、変数値に「C:\Program Files\Java\jdkx.x.x.x_xxx」を入力し [OK] ボタンをクリックします。
      ※変数値は Java のインストール先フォルダーのパスを指定します。

      system-property_06.png


    8. システムのプロパティ画面に戻り、[OK] ボタンをクリックして画面を閉じます。

  5. PC を再起動します。

  6. 再起動後、コマンドプロンプトを起動し、「ant -version」と入力して Apache Ant のバージョンを確認してください。

    system-property_07.png


  7. 同様に「java -version」と入力し、Java のバージョンを確認してください。

    system-property_08.png


  8. コマンドプロンプトからビルドします。
    指定した RTCプロジェクトのフォルダーで、以下のコマンドを入力するとビルドが開始されます。
     ant -f  build_*****.xml  (***** はモジュール名)
    ビルドに成功すると、以下の表示となります。

    system-property_09.png


ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.0-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1761
プロジェクト統計
RTコンポーネント292
RTミドルウエア23
ツール20
文書・仕様書1

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム