QNXでのビルド手順(OpenRTM-aist 1.2)

このページではQNX 6.5でOpenRTM-aist 1.2をビルドする手順を説明します。 以下からソースコードを入手してください。

pkg_src、omniORB、libuuidのビルド手順については以下のページを参考にしてください。

OpenRTM-aistのビルドのために以下のソフトウェアをインストールします。

 /usr/pkg/sbin/pkg_add -v autoconf-2.68
 /usr/pkg/sbin/pkg_add -v automake-1.11.1nb1
 /usr/pkg/sbin/pkg_add -v libtool-2.2.6b

configure.ac、src/ext/Makefile.am、src/ext/local_service/Makefile.amを編集します。

configure.acから-lomnisslTP4を削除してください。

        #LIBS="$LIBS -lomniORB4 -lomnithread -lomniDynamic4 -lomnisslTP4" <-削除
        #LDSOLIBS="$LDSOLIBS -lomniORB4 -lomnithread -lomniDynamic4 -lomnisslTP4" <-削除
        LIBS="$LIBS -lomniORB4 -lomnithread -lomniDynamic4" <-追加
        LDSOLIBS="$LDSOLIBS -lomniORB4 -lomnithread -lomniDynamic4" <-追加

src/ext/Makefile.amは以下のようにsslを削除します。

 #SUBDIRS = local_service ec sdo <-削除
 #DIST_SUBDIRS = local_service ec sdo logger <-削除
 SUBDIRS = local_service ec sdo ssl <-追加
 DIST_SUBDIRS = local_service ec sdo logger ssl <-追加

src/ext/local_service/Makefile.amは以下のようにサブディレクトリの設定を削除します。

 #SUBDIRS = nameservice_file <-削除

以下のコマンドでビルドします。

 ./autogen.sh
 ./configure --without-doxygen
 make
 make install

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1881
プロジェクト統計
RTコンポーネント297
RTミドルウエア28
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク