RTSystemEditorのインストール

本ページはOpenRTP自体を開発デバッグする人が、RTSystemのプラグインをEclipse環境にインストールするのためのページです。基本知識としてEclipseにおけるPluginの開発に関する知識が別途必要になります。

RTCBuilderとRTSystemEditorをOpenRTPとしてインストールしてをOpenRTM-aist自体の開発を行わずにユーザーとして使用する場合には、このページの情報は特に必要ありません。OpenRTPをインストールして使用するための情報はインストーラによるインストールを参照してしてください。

RTSystemEditorとは

RTSystemEditorは、OpenRTM-aistに含まれる開発ツールの1つであり、RTCをリアルタイムにグラフィカル操作する機能を持っています。また、Eclipse統合開発環境のプラグインとして作成されており、Eclipse上にて既存のプラグインとシームレスに操作を行うことができます。

機能概要

RTSystemEditorは、RTCをリアルタイムにグラフィカル操作する機能を持っています。提供される機能の一覧は以下のとおりです。

機能名称 機能概要
コンポーネントコンフィグレーション表示/編集機能 選択したコンポーネントのコンフィギュレーションプロファイル情報をコンフィグレーションビューに表示し編集する。
コンポーネント動作変更機能 選択したコンポーネントの動作を変更する。
コンポーネント組み立て機能 システムエディタ上でシステムの組み立てやリポジトリおよびファイルシステムのコンポーネント仕様の編集を行う。
システムセーブ/オープン機能 システムエディタの内容をセーブ/オープンする。
システム復元機能 保存したシステムエディタの内容をシステムに復元する。

動作環境

RTSystemEditorの動作に必要な環境は以下のとおりです。

環境 備考
Java Runtime Environment 8 ;
Eclipse 3.4.2以上
http://www.eclipse.org/downloads/index.php
http://archive.eclipse.org/eclipse/downloads/index.php
Eclipse本体
Eclipse EMF 2.2.4 EMF+SDO RuntimeおよびXSD Runtime RTSystemEditorが依存するEclipseプラグイン
Eclipse GEF 3.2.2 RTSystemEditorが依存するEclipseプラグイン
Eclipse Java development tools(JDT) 使用するEclipseのバージョンに合ったものをご使用ください。

RTSystemEditorのインストール

RTSystemEditorはEclipseプラグインであるため、Eclipse本体をインストールする必要があります。さらに、EclipseはJavaアプリケーションなので、Eclipse本体をインストールする前にJava実行環境(あるいはJDK:Java開発環境でもよい)をインストールする必要があります。

RTSystemEditorのビルド

Eclipseを直接導入した場合はRTSystemEditorのビルドが必要です。 以下のページの手順でプラグインの生成、導入を行ってください。

RTSystemEditorのインストールと起動

Eclipseを起動し、メニューから[ウィンドウ]>[パースペクティブを開く]>[その他]を選択すると、次のようなパースペクティブ選択画面が表示されます。
/ja/node/677

パースペクティブ一覧にあるRTSystemEditorを選択すると、次のような画面が表示されてRTSystemEditorが起動されます。
/ja/node/677

もし、パースペクティブの一覧にRTSystemEditorが表示されない場合は、EMFやGEFやXSDやJDTが正しくインストールできているか、RTSystemEditorがpluginディレクトリに正しくコピーされているかを再度チェックしてください。

Eclipseの再起動

RTSystemEditorの起動が確認できましたら、いったん、Eclipseを終了してください。再度、同じワークスペースを指定してEclipseを起動すると、RTSystemEditorが起動された状態から始まります。

参考:

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1810
プロジェクト統計
RTコンポーネント296
RTミドルウエア26
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク