組み立て方

このページではレゴマインドストーム EV3 で以下の車輪移動ロボット (Educator Vehicle 改) を組み立てる手順を説明します。



s_DSC00443.JPG


s_DSC00440.JPG


Educator Vehicle との共通部分

車輪移動ロボットの組立て

まずは Educator Vehicleの説明書 の最初の車輪移動ロボットを組み立てる章の45番まで組み立ててください。 ただし8番と20番の作業は必要ないので飛ばしてください。

またジャイロセンサーを取り付ける章(98ページ)を参考にしてジャイロセンサーを取り付けてください。



s_DSC00374.JPG


モーターMの取り付け

モーターMにパーツを取り付けます。 Educator Vehicle の説明書のモーターMを取り付ける章(78ページ)の2~5、10番作業を行ってください。



s_DSC00370.JPG


そして18番の作業を行ってモーターMを移動ロボットに取り付けてください。



s_DSC00375.JPG


タッチセンサーへのパーツ取り付け

タッチセンサーにパーツを取り付けます。 Educator Vehicle の説明書のタッチセンサーを取り付ける章(61ページ)の1~3番の作業を行ってください。



s_DSC00372.JPG


独自部分

ここからの作業に必要な部品は以下の通りです。



s_DSC00369.JPG


土台部分組立て



s_DSC00376.JPG




s_DSC00386.JPG




s_DSC00387.JPG




s_DSC00388.JPG




s_DSC00389.JPG




s_DSC00390.JPG s_DSC00391.JPG





s_DSC00393.JPG s_DSC00394.JPG





s_DSC00395.JPG s_DSC00396.JPG





s_DSC00397.JPG




s_DSC00398.JPG




s_DSC00399.JPG




s_DSC00400.JPG




s_DSC00401.JPG s_DSC00402.JPG



タッチセンサーの取り付け



s_DSC00403.JPG s_DSC00404.JPG





s_DSC00405.JPG




s_DSC00406.JPG




s_DSC00407.JPG




s_DSC00408.JPG


超音波センサーの取り付け



s_DSC00409.JPG




s_DSC00410.JPG




s_DSC00411.JPG




s_DSC00412.JPG




s_DSC00415.JPG




s_DSC00416.JPG




s_DSC00417.JPG




s_DSC00418.JPG




s_DSC00419.JPG




s_DSC00422.JPG




s_DSC00424.JPG




カラーセンサの取り付け

s_DSC00425.JPG




s_DSC00426.JPG




s_DSC00427.JPG




s_DSC00428.JPG


ケーブルの接続

モーター右 ポート C 25cmケーブル
モーター左 ポート B 25cmケーブル
モーター(M) ポートA 25cmケーブル
タッチセンサー右 ポート 3 35cmケーブル
タッチセンサー左 ポート 1 35cmケーブル
超音波センサー ポート 4 50cmケーブル
ジャイロセンサー ポート 2 25cmケーブル

※カラーセンサーを利用する際は超音波センサーかタッチセンサーのケーブルを外して使用してください。



s_DSC00432.JPG




s_DSC00433.JPG




s_DSC00434.JPG


ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.0-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1761
プロジェクト統計
RTコンポーネント292
RTミドルウエア23
ツール20
文書・仕様書1

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム