rtteardown

書式

 rtteardown [OPTION ...] [RTSPROFILE_FILE]

概要

RTSProfileファイルに記述された接続情報を用いて、動作中のRTシステムの接続を削除します。

ファイル名を指定しなかった場合、RTSProfile情報をstdinから読みこみます。

オプション

 --dry-run   実行する内容を表示します(実際には削除は行われません)。
 -x、--xml   XMLフォーマットを使います。
 -y、--yaml   YAMLフォーマットを使います。
 --version   プログラムのバージョン番号を表示します。
 -h、--help  ヘルプを表示します。
 -v、--verbose より詳細な情報を出力します。

返り値

成功の場合はゼロを返します。失敗の場合はゼロではない値を返します。

デバッグ情報とエラーはstderrに出力されます。

  • sys.rtsysファイルの情報を用いて現在実行中のRTシステムの接続を削除します。
     $ rtteardown sys.rtsys
  • sys.rtsysファイルの情報を用いて現在実行中のRTシステムの接続を削除する場合、どのようなことがなされるかを表示します。(実際には、削除は行われません。)
     $ rtteardown sys.rtsys --dry-run

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1833
プロジェクト統計
RTコンポーネント295
RTミドルウエア26
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク