OpenRTM-aist C++ 1.1.1-RELEASE

cpp_logo.png
  • 1.0.0で作成したコンポーネントと1.1.1で作成したコンポーネントには互換性はありますが、ポートの接続方法が若干変更されたため、ツール(RTSystemEditor)は1.1.0のものを使用してください。

ソースコード

C++版ソースコード OpenRTM-aist-1.1.1-RELEASE.tar.bz2
MD5: 1d030c4972618f2f1e81cf83286af1d0
2015.03.16
C++版ソースコード OpenRTM-aist-1.1.1-RELEASE.tar.gz
MD5: 67abe01eb0e8df1cd3efbcd1ca78108d
2015.03.16
C++版Windows専用ソース OpenRTM-aist-1.1.1-RELEASE-win32.zip
MD5: beedc1f16973eb6cc6c2bc7916bafeb7
2015.03.16

パッケージ

Windowsインストーラ

インストーラで、ツールの RTSystemEditorRCP と OpenRTP を選択できるようになりました。また、ツールを起動するために必要な JRE(OpenJDK) もインストールすることができます。
これらの選択は、デフォルト設定のままインストールすることをお勧めします。オプションの選択については、OpenRTM-aistを10分で始めよう! のページで手順を紹介しています。

32bit用

  • Visual Studioをインストールされている方は、バージョンにあったインストーラーをダウンロードしてください。
Visual Studio 32bit用
Visual Studio 2008 OpenRTM-aist-1.1.1-RELEASE_x86_vc9.msi
MD5: d800c7fefea48965dcbdb43a0150245f
2015.04.09
Visual Studio 2010 OpenRTM-aist-1.1.1-RELEASE_x86_vc10.msi
MD5: 8efd345ba871aa92f814cde6014e338f
2015.04.09
Visual Studio 2012 OpenRTM-aist-1.1.1-RELEASE_x86_vc11.msi
MD5: def246f243be45df332d4caa0393267c
2015.04.09
Visual Studio 2013 OpenRTM-aist-1.1.1-RELEASE_x86_vc12.msi
MD5: bdf6fd6dafcba9455e8e87d30db3c516
2015.04.09
各Visual Studio 32bit用バージョンで共通
Python (各種ツールで必要)
Python 2.7
python-2.7.9.msi python.org
PyYAML (各種ツールで必要)
Pythonのバージョンに合わせること
PyYAML-3.11.win32-py2.7.exe pyyaml.org
CMake (Visual C++のプロジェクトを作成するのに必要) cmake-3.2.1-win32-x86.exe cmake
Doxygen (ビルドの過程でドキュメントを整形するのに必要) doxygen-1.8.9.1-setup.exe doxygen
  • Pythonのバージョンは、Python版OpenRTM-aistも同時に利用することを考え、Python2.7を利用することを推奨します。

64bit用

  • Visual Studioをインストールされている方は、バージョンにあったインストーラーをダウンロードしてください。
  • Visual C++ Express版では(デフォルトでは)64bitバイナリのビルドができませんのでご注意ください。
Visual Studio 64bit用
Visual Studio 2010 OpenRTM-aist-1.1.1-RELEASE_x86_64_vc10.msi
MD5: 4dc5ec26f83677b57ae70f9a35c96d9a
2015.04.09
Visual Studio 2012 OpenRTM-aist-1.1.1-RELEASE_x86_64_vc11.msi
MD5: 4f3aa87e584b79eec3dc50f721f82b1c
2015.04.09
Visual Studio 2013 OpenRTM-aist-1.1.1-RELEASE_x86_64_vc12.msi
MD5: 521a5c9a54b7002edf1a8e5d097e2cec
2015.04.09
各Visual Studio 64bit用バージョンで共通
Python-64bit (各種ツールで必要)
Python 2.7
python-2.7.9.amd64.msi python.org
PyYAML (各種ツールで必要)
Pythonのバージョンに合わせること
PyYAML-3.11.win-amd64-py2.7.exe pyyaml.org
CMake (Visual C++のプロジェクトを作成するのに必要) cmake-3.2.1-win32-x86.exe cmake
Doxygen (ビルドの過程でドキュメントを整形するのに必要) doxygen-1.8.9.1-setup.exe doxygen
  • 64bit版OpenRTM-aistは、Python 2.7(64bit) がインストールされていれば動作します。

Windows版インストールにあたっての注意事項

  • ※ Visual Studio のバージョンが異なる環境でビルドしたものは混在できません。 お使いの開発環境に合わせて適切なパッケージをダウンロードしてください。
  • 古いバージョンのOpenRTM-aistをインストールされている場合は、あらかじめアンインストールすることをお勧めします。 (1.1.1-RELEASEはアンインストールしてもゴミは残りません)
  • 1.1.0版をアンインストールしてもファイルとスタートメニューの一部が残ることを確認しています。(C++/Python/Java全てで確認)
  • 残ったままで新しいバージョンをインストールしても動作に影響はありませんが、手動で削除することをお勧めします。
    • 手動で削除する場合の注意:
    • OpenRTM-aistの異なる言語バージョン(例えばC++とPython)をインストールされている場合は、どちらも新しいバージョンに移行することをお勧めします
    • 古いOpenRTM-aistの全てをアンインストール後、手動で下記を削除して下さい
      • C:\Program Files (x86) 下の OpenRTM-aist フォルダ
      • スタートメニューのOpenRTM-aist : スタートメニューで表示させて右クリックで削除できます

Linuxパッケージ

現在のところ以下のディストリビューション・バージョンでパッケージを提供しています。
以下で配布しているインストールスクリプトを利用すれば、必要なパッケージを一括でインストールすることができます。

ディストリビューション・バージョン 一括インストールスクリプト
Ubuntu 12.04 (precise) i386/amd64
Ubuntu 14.04 (trusty) i386/amd64
Ubuntu 14.10 (utopic) i386/amd64
Ubuntu 15.04 (vivid) i386/amd64
pkg_install_ubuntu.sh
Debian 6.0 (squeeze) i386/amd64
Debian 7.0 (wheezy) i386/amd64
pkg_install_debian.sh
Fedora 19 i386/amd64
Fedora 20 i386/amd64
Fedora 21 i386/amd64
pkg_install_fedora.sh

1.1.0-RELEASEを既にインストールしている場合はアップデートが可能です。

Ubuntu / Debian の場合

 $ sudo apt-get update
 $ sudo apt-get upgrade

Fedora の場合

 # yum update

ダウンロード方法・インストール方法については、こちら(C++) をご覧くだい。

ソースからのビルド

ソースからビルドする方法については、ソースからのビルド(Windows編) または ソースからのビルド(Linux編) をご覧くだい。

deb/rpmパッケージ作成

1.1から上記の ソースコード からのUbuntu, Debian 用debパッケージ、Fedora, Vine用 rpmパッケージの作成が正式にサポートされました。
以下の手順でパッケージを作成することができます。パッケージ作成に当たっては、一括インストールスクリプト(pkg_install_***.sh)を利用して必要なパッケージを予めインストールしておいてください。

 $ tar xvzf OpenRTM-aist-1.1.1-RELEASE.tar.gz
 $ cd OpenRTM-aist-1.1.1
 $ ./configure --prefix=/usr
 $ cd packages
 $ make

パッケージはpacakgesディレクトリ内に作成されます。

※ UbuntuやDebianにてdebパッケージを作成する場合は "dpkg-dev build-essential debhelper devscripts"、Fedoraにてrpmパッケージを作成する場合は "rpm-build createrepo" といったツールを予めインストールしておく必要があります。

ツール

インストーラのオプションで OpenRTP を選択していれば、インストールする必要はありません。 ツールを別途インストールする方法については、 OpenRTP 1.1.0-RC5 をご覧ください。


リリースノート: 1.1.1-RELEASE

OpenRTM-aist Official Website からソースコード、Windowsインストーラ、Linux用パッケージ等が LGPL ライセンスもしくは産総研との個別契約のうち一つから選択するデュアルライセンス方式で利用可能です。

機能に関する変更

    • 雑多なバグフィックス

ポータビリティに関する変更

    • 64bitLinunxへの雑多な対応
    • 64bitWindowsへの対応
    • VC2012(32bit/64bit)の正式サポート
    • VC2013(32bit/64bit)の正式サポート

拡張機能に関する変更

ユーザビリティに関する変更

    • WindowsインストーラでomniORBを4.1.7に更新
    • WindowsインストーラでOpenCVを2.4.9に更新し、IntelTBBで再コンパイル
    • WindowsインストーラでOpenCVを使ったサンプルコンポーネントImageCalib(GUIを持つ)を追加
    • WindowsインストーラでツールのRTSystemEditorRCP版とOpenRTPを選択可能にする
    • Windowsインストーラのスタートメニューでのツールを、各言語(C++,Python,Java)で共通にする
    • WindowsインストーラでOpenJDK7 JREのインストールを選択可能にする
    • debパッケージ作成でマルチアーチ機能へ対応
    • debパッケージ利用環境でOpenRTM-aist Pythonと共存時のアンインストール動作の見直し

対応 (ビルド検証済) OS

      • Debian 6.0-i386
      • Debian 6.0-x86_64
      • Debian 7.0-i386
      • Debian 7.0-x86_64
      • Fedora release 19 i386
      • Fedora release 19 x86_64
      • Fedora release 20 i386
      • Fedora release 20 x86_64
      • Ubuntu 12.04-i386
      • Ubuntu 12.04-x86_64
      • Ubuntu 14.04-i386
      • Ubuntu 14.04-x86_64
      • Windows-7
      • Windows-7 (64bit)
      • Windows-8.1
      • Windows-8.1 (64bit)

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1632
プロジェクト統計
RTコンポーネント286
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

Join our slack

Enter email address for slack invite.

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム