OpenRTP 1.1.0-RC5

eclipse_logo.png

1.1.0からRTCBUilder および RTSystemEditorを含むツールの名称を OpenRTP (Open RT Platform) としました。 RC5はEclipse-3.8ベースです。

更新サイト

このバージョンからEclipseの更新サイトを利用したインストールに対応しています。 以下のURLを更新サイト一覧に追加することで、お使いのEclipseのOpenRTPをインストールすることができます。

手順については更新方法のページをご覧下さい。

全部入りパッケージ

Eclipse-3.8ベース

Eclipse-3.8
Eclipse 3.8.1
Windows用全部入り
eclipse381-openrtp110rc5v20151111-ja-win32.zip
MD5: 45a20287855b8ae51294f48b69fd7a9d
2015.03.17
Eclipse 3.8.1 (英語版)
Windows用全部入り
eclipse381-openrtp110rc5v20151111-win32.zip
MD5: cf108e4fdf9644cb829498dae4b5e9de
2015.03.17
Eclipse 3.8.1
Windows(64bit)用全部入り
eclipse381-openrtp110rc5v20151111-ja-win32-x86_64.zip
MD5: 9125054bba8e5bca3547423a2cf5fead
2015.03.17
Eclipse 3.8.1 (英語版)
Windows(64bit)用全部入り
eclipse381-openrtp110rc5v20151111-win32-x86_64.zip
MD5: 9c6da560c9736d117b3695d6e0cfe057
2015.03.17
Eclipse 3.8.1
Linux用全部入り
eclipse381-openrtp110rc5v20151111-ja-linux-gtk.tar.gz
MD5: 20c71861fcd585aee65d676adc3efbc7
2015.03.17
Eclipse 3.8.1 (英語版)
Linux用全部入り
eclipse381-openrtp110rc5v20151111-linux-gtk.tar.gz
MD5: 9250b5b08b21ee06e03db74474b8655e
2015.03.17
Eclipse 3.8.1
Linux(64bit)用全部入り
eclipse381-openrtp110rc5v20151111-ja-linux-gtk-x86_64.tar.gz
MD5: eaa4b9ef00af81e05b6d02e93a8e3e85
2015.03.17
Eclipse 3.8.1 (英語版)
Linux(64bit)用全部入り
eclipse381-openrtp110rc5v20151111-linux-gtk-x86_64.tar.gz
MD5: ead8c9ffb7bdc835b883c326f5df7e9f
2015.03.17
Eclipse 3.8.1
Mac OS X用全部入り
eclipse381-openrtp110rc5v20151111-ja-macosx-cocoa.tar.gz
MD5: 3d7415c4d22e49db94ad1c36479b0072
2015.03.17
Eclipse 3.8.1 (英語版)
Mac OS X用全部入り
eclipse381-openrtp110rc5v20151111-macosx-cocoa.tar.gz
MD5: e2f0b9c39c7fe3cbce1bc0315decbfe2
2015.03.17
Eclipse 3.8.1
Mac OS X(64bit)用全部入り
eclipse381-openrtp110rc5v20151111-ja-macosx-cocoa-x86_64.tar.gz
MD5: b3b3286d81eae267f1e7da5d7aa4a920
2015.03.17
Eclipse 3.8.1 (英語版)
Mac OS X(64bit)用全部入り
eclipse381-openrtp110rc5v20151111-macosx-cocoa-x86_64.tar.gz
MD5: d0e6115a7f6d50e1457d8850f2e8c830
2015.03.17

Windowsでのインストール

OpenRTM-aist (C++版)および JDK1.7をインストール後、Windows用パッケージを任意の場所に展開してください。 eclipseというディレクトリが展開されますので、その中のeclipse.exeをクリックするなどして起動してください。

Linuxでのインストール

OpenRTM-aist (C++版)および JDK1.7 またはOpenJDKをインストール後、Linux用パッケージを任意の場所に展開してください。 eclipseというディレクトリが展開されますので、そのなかのopenrtpというコマンドから起動します。パスの通っている場所にopenrtpへのシンボリックリンクをを張るとよいでしょう。
各ディストリビューションについてJDK 7のインストール方法を JDKインストールのためのヒント にまとめましたので参考にしてください。

 $ cd /usr/share/openrtm-1.1
 $ sudo wget http://openrtm.org/pub/openrtp/packages/1.1.0.rc5v20150317/eclipse381-openrtp110rc5v20150317-ja-linux-gtk.tar.gz
 $ sudo tar xvzf eclipse381-openrtp110rc5v20150317-ja-linux-gtk.tar.gz
 $ cd /usr/bin
 $ sudo ln -s /usr/share/openrtm-1.1/eclipse/openrtp .
 $ cd 
 $ openrtp

RTCBuilderでは、OpenRTM-aist (C++版) に付属のIDLを参照しています。 Linux版ではこれらIDLの場所を得るために、環境変数を設定するか、openrtpというコマンドから起動する必要があります。

Mac OS Xでのインストール

OpenRTM-aist (C++版)および JDK1.7 またはOpenJDKをインストール後、Mac OS X用パッケージを任意の場所に展開してください。 eclipseというディレクトリが展開されますので、Linux版と同様に、そのなかのEclipse.app/Contents/MacOSX/openrtpというコマンドから起動します。パスの通っている場所にopenrtpへのシンボリックリンクをを張るとよいでしょう。

 $ cd /usr/lib/openrtm-1.1
 $ sudo wget http://openrtm.org/pub/openrtp/packages/1.1.0.rc5v20150317/eclipse381-openrtp110rc5v20150317-ja-macosx-cocoa.tar.gz
 $ sudo tar xvzf eclipse381-openrtp110rc5v20150317-ja-macosx-cocoa.tar.gz
 $ cd /usr/bin
 $ sudo ln -s /usr/lib/openrtm-1.1/eclipse/Eclipse.app/Contents/MacOSX/openrtp .
 $ cd 
 $ openrtp

RTCBuilderでは、OpenRTM-aist (C++版) に付属のIDLを参照しています。 Linux版やMac OS X版ではこれらIDLの場所を得るために、環境変数を設定するか、openrtpというコマンドから起動する必要があります。


jarファイル

jar ファイル(RTSE+RTCB) openrtp-1.1.0.rc5v20150317.zip
MD5: 38019521f6e8574c03e1cab6e8f954cd
2015.03.17

- アーカイブに含まれている jar ファイルを eclipse の plugins ディレクトリにコピーします。
  • 更新後は eclipse の起動時に -clean オプションを付けることを推奨します。
  • Eclipse SDKパッケージをダウンロードして、独自にこれ等のプラグインを追加する際は、RTSE、RTCBが依存している
    • EMF ランタイム
    • EMF Xcore ランタイム
    • GEF
    • XSD 各プラグインを追加でインストールする必要があります。
  • また、Eclipse Platform SDK と Eclipse Plug-in Development Environment がインストールされていることを確認してください。インストールされていない場合、パースペクティブに RTSE と RTCB が現れません。



Eclipse/JDK/JRE等

リリースノート:1.1.0-RC5

  • C++コンポーネントをLinux+OpenRTP(64bit) で作成時、cmake可能に
  • Pythonコンポーネント作成時、Description.txt, License.txtを含めるように変更
  • CMake3で追加されたcmake-policiesに対応
  • ヘッダーファイル順序の見直し
  • Python版コンポーネントのonFinalize引数の修正
  • 雑多なバグフィックス

過去のバージョン

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1619
プロジェクト統計
RTコンポーネント286
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

Join our slack

Enter email address for slack invite.

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム