OpenRTM-aist C++ 1.1.2-RELEASE

cpp_logo.png

パッケージ

Windowsインストーラ

32bit用

Windows用インストーラ
(OpenRTM-aist C++,Python,Java版,
および OpenRTP,RTShell(4.1.0)含む)
(Visual Studio 2008,2010,2012,2013,2015共通)
OpenRTM-aist-1.1.2-RELEASE_x86.msi
MD5:59be8603f3fc007c2aed4476052886ce
2016/05/27
Python-2.7 python-2.7.10.msi python.org
PyYAML PyYAML-3.11.win32-py2.7.exe pyyaml.org
CMake cmake-3.5.2-win32-x86.msi cmake
Doxygen doxygen-1.8.11-setup.exe doxygen
  • ※ Python 2.7.10 推奨。2.7.11は PYTHONPATH 等環境変数の設定が必要な場合があります。
  • ※ 古い RTShell は事前に削除しておいてください。

64bit用

Visual Studio 64bit用
Windows用インストーラー
(OpenRTM-aist C++,Python,Java版,
および OpenRTP,RTShell(4.1.0)含む)
(Visual Studio 2010,2012,2013,2015共通)
OpenRTM-aist-1.1.2-RELEASE_x86_64.msi
MD5:ee8db7c1682cb21dce963207e0484fb3
2016/05/27
Python-2.7 python-2.7.10.amd64.msi python.org
PyYAML PyYAML-3.11.win-amd64-py2.7.exe pyyaml.org
CMake cmake-3.5.2-win32-x86.msi cmake
Doxygen doxygen-1.8.11-setup.exe doxygen
  • ※ Python 2.7.10 推奨。2.7.11は PYTHONPATH 等環境変数の設定が必要な場合があります。
  • ※ 古い RTShell は事前に削除しておいてください。

インストールについては、OpenRTM-aistを10分で始めよう! のページで手順を紹介しています。

Visual Studio のバージョン指定

インストールされている Visual Studio のバージョンに合わせて、システム環境変数 RTM_VC_VERSION を変更してください。

Visual Studio のバージョン システム環境変数 RTM_VC_VERSION の指定値
2008 vc9 32bit用インストーラーのみ
2010 vc10
2012 vc11
2013 vc12 初期設定
2015 vc14

手動での「 RTM_VC_VERSION 」設定手順

システム環境変数の設定画面は、以下の手順で開くことができます。

Windows7 スタートボタン >> コンピュータを右クリック >> プロパティ >> システムの詳細設定 system_env1.png
Windows8.1 デスクトップ画面を表示 >> Windowsボタンを右クリック >> システム >> システムの詳細設定 同上
Windows10 検索窓で「システム環境変数」と入力 >> システム環境変数の編集をクリック system_env2.png

システムのプロパティ画面で、「環境変数」をクリックします。

system_env3.png

「RTM_VC_VERSION」を編集します。

system_env4.png system_env5.png

ツールを使った「 RTM_VC_VERSION 」設定手順

GUIツールを使って設定することができます。使い方は下記ページで解説しています。

Visual Studio 2013のダウンロード・インストール

サポートしている Visual Studio は2015までで、Visual Studio 2017 はサポートしておりません。

これからサポート対象の Visual Studio をダウンロード・インストールしたい方は、無償プログラムの
「Visual Studio Dev Essential」への登録が必要です。下記サイトの手順に従って登録してください。

vc2013 を選択すると OpenRTM-aist 1.1.2版のシステム環境変数設定を変更せずに使えますので、このバージョンのインストール方法を紹介します。

  • Visual Studio Dev Essential 画面を開き、左端にある「Visual sutdio Community」の Download をクリックします
  • 検索窓に「Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop with Update 5」と入力して検索してください
  • インストーラーのデフォルト言語は English となっていますが、Japanese を選択可能です
  • EXEのwebインストーラーをダウンロードしてインストールして下さい

C++版の旧バージョンランタイム利用方法

旧バージョンのランタイムは、OpenRTM-aistディレクトリ下に、1.0.0(32bit用のみ), 1.1.0, 1.1.1 としてインストールされます。  RTM_BASEというシステム環境変数を使いパスを通してお使いください。

例)1.1.1版vc12のランタイムのパスは、「RTM_BASE1.1.1\vc12\bin」で指定できます。

Windows10等の高解像度(HiDPI)モードで OpenRTP/RTSystemEditor が縮小表示される場合の対処方法

Windows10などの高解像度モードを利用すると、Eclipse のアイコンなどが縮小表示される場合があります。 以下のFAQで解決方法を説明しています。

インストール環境の設定を確認する方法

windows_installer_test.bat スクリプトで確認することができます。使い方は下記ページで解説しています。


Linuxパッケージ

現在のところ、以下のディストリビューション・バージョンでパッケージを提供しています。
以下で配布しているインストールスクリプトを利用すれば、必要なパッケージを一括でインストールすることができます。

ディストリビューション・バージョン 一括インストールスクリプト
Ubuntu 12.04 (precise) i386/amd64
Ubuntu 14.04 (trusty) i386/amd64
Ubuntu 15.10 (wily) i386/amd64
Ubuntu 16.04 (xenial) i386/amd64
pkg_install_ubuntu.sh
Debian 7.0 (wheezy) i386/amd64
Debian 8.0 (jessie) i386/amd64
pkg_install_debian.sh
      • Ubuntu用スクリプトpkg_install_ubuntu.shは、以下のいずれかのオプションを指定して実行します
インストール時 アンインストール時 ヘルプ内容 解説
-s -us tool_packages for build Source packages リポジトリから OpenRTM をチェックアウトしてビルドする人向け
-d -ud tool_packages for build Distribution ディストリビューションソースパッケージをビルドしてインストールする人向け
-c -uc robot Component developer tool_packages OpenRTM の開発環境(ヘッダ等含む)をインストールして RTC を開発する人向け
-r -ur robot component Runtime tool_packages RTC を実行のみする人向け

1.1.1-RELEASE を既にインストールしている場合はアップデートが可能です。

Ubuntu / Debian の場合

 $ sudo apt-get update
 $ sudo apt-get upgrade

Fedora の場合

 # dnf update

ダウンロード方法・インストール方法については、こちら(C++) をご覧くだい。

ソースコード

C++版ソースコード OpenRTM-aist-1.1.2.tar.bz2
MD5:c270ad187f26e473bf274e8d589fcd8f
2016.05.27
C++版ソースコード OpenRTM-aist-1.1.2.tar.gz
MD5:e09d05bb93bef22657d133cff20255a4
2016.05.27
C++版Windows専用ソース OpenRTM-aist-1.1.2-win32.zip
MD5:ade9f4e555d76ca6c29bdd67dd64d42b
2016.05.27

ソースからのビルド

ソースからビルドする方法については、ソースからのビルド(Windows編) または ソースからのビルド(Linux編) をご覧くだい。

deb/rpmパッケージ作成

1.1から上記の ソースコード からのUbuntu, Debian 用debパッケージ、Fedora, Vine用 rpmパッケージの作成が正式にサポートされました。
以下の手順でパッケージを作成することができます。パッケージ作成に当たっては、一括インストールスクリプト(pkg_install_***.sh)を利用して必要なパッケージを予めインストールしておいてください。

 $ tar xvzf OpenRTM-aist-1.1.2-RELEASE.tar.gz
 $ cd OpenRTM-aist-1.1.2
 $ ./configure --prefix=/usr
 $ cd packages
 $ make

パッケージは pacakges ディレクトリ内に作成されます。

※ UbuntuやDebianにてdebパッケージを作成する場合は "dpkg-dev build-essential debhelper devscripts"、Fedoraにてrpmパッケージを作成する場合は "rpm-build createrepo" といったツールを予めインストールしておく必要があります。


リリースノート: 1.1.2-RELEASE

OpenRTM-aist Official Website からソースコード、Windowsインストーラー、Linux用パッケージ等が LGPL ライセンスもしくは産総研との個別契約のうち一つから選択するデュアルライセンス方式で利用可能です。

機能に関する変更

    • 雑多なバグフィックス

ポータビリティに関する変更

    • 64bitLinunxへの雑多な対応
    • 64bitWindowsへの対応
    • VC2015(32bit/64bit)の正式サポート

拡張機能に関する変更

ユーザービリティに関する変更

    • Windowsインストーラーをアーキテクチャ別の2種類にまとめる
      • 1つのインストーラで複数のVisual Studio バージョンに対応
      • C++版、Python版、Java版、RTShell も同時にインストール可能
    • Windowsインストーラーで omniORBを4.2.1に更新
    • Windowsインストーラーで OpenCVを2.4.11に更新し、IntelTBB で再コンパイル

対応 (ビルド検証済) OS

      • Debian 7.0 i386, x86_64
      • Debian 8.0 i386, x86_64
      • Ubuntu 12.04 i386, x86_64
      • Ubuntu 14.04 i386, x86_64
      • Ubuntu 15.10 i386, x86_64
      • Ubuntu 16.04 i386, x86_64
      • Windows-7 (32/64bit)
      • Windows-8.1 (32/64bit)

latest Releases

For Begginers

Windows msi(installer) package (only trying samples)

Development environment is required for RT-Component development. See download page for details.

Number of Projects

Join our slack

Enter email address for slack invite.

OpenHRP3

Dynamics simulator

OpenHRI

Human-Robot-Interaction RTCs

OpenRTP

Integrated Development Platform

OpenINVENT

Mobile Robot RTCs