メインコンテンツに移動
ホーム >> OpenRTM-aist (Java版) 1.x系のインストール >> Windowsへのインストール

Windowsへのインストール

openrtm.org ではWindows用のmsi (Microsoft Windows インストーラー)パッケージを提供しています。 msiパッケージを利用することで、RTSystemEditorといったツールも同時にインストールすることができます。

msiパッケージによるインストール

openrtm.org のダウンロードサイトから、msiパッケージをダウンロードします。msiパッケージには、必要なRTSystemEditorといったツールは含まれていますが、JDKは予めインストールしておく必要があります。

1.1.2版からは一つのWindows用インストーラに3言語(C++、Java、Python)+ツール(Eclipse+rtshell)すべてが同梱されています。古いバージョンは予めアンインストールすることをお勧めします。また、ダウンロードサイトでの赤字表記の注意書きをご覧下さい。

JDKのインストール

ダウンロードしたファイルを実行するとインストールが開始されます。途中、使用許諾やインストール先などを聞かれますので、お使いの環境に合わせて設定してください。 下記のインストール説明画像はJDK7のものです。


oracleJDK7_001.jpg
Javaのインストール(1)



oracleJDK7_002.jpg
Javaのインストール(2)



oracleJDK7_003.jpg
Javaのインストール(3)



oracleJDK7_004.jpg
Javaのインストール(4)



JDKのインストール確認

コマンド プロンプト画面を表示(「スタート」「プログラム」「アクセサリ」「コマンド プロンプト」)し、

 >java -version

と入力します。インストールしたJavaのバージョンが表示されればインストールは完了です。


java-version.png
インストールの確認(Windows)



OpenRTM-aistインストーラの起動

手順については、OpenRTM-aistを10分で始めよう! のページをご覧下さい。


インストールの詳細

インストーラの作業内容

インストーラは以下の作業を行います。

  • インストールディレクトリ (デフォルトは C:\Program Files) 以下に各種ファイルをコピー
  • スタートメニュー以下にOpenRTM-aistフォルダを作成し各種ショートカットを設定
  • 環境変数の設定
    • 32bit用msi利用時の設定

 RTM_BASE=C:\Program Files (x86)\OpenRTM-aist\
 RTM_ROOT=C:\Program Files (x86)\OpenRTM-aist\1.1.2\
 RTM_VC_VERSION=vc12
 RTM_JAVA_ROOT=C:\Program Files (x86)\OpenRTM-aist\1.1.2\
 OMNI_ROOT=C:\Program Files (x86)\OpenRTM-aist\1.1.2\omniORB\4.2.1_vc12\
 OpenCV_DIR=C:\Program Files (x86)\OpenRTM-aist\1.1.2\OpenCV2.4.11\
 OpenRTM_DIR=C:\Program Files (x86)\OpenRTM-aist\1.1.2\cmake\
  • PATHへの追加設定
    • 32bit用msi利用時の設定

 C:\Program Files (x86)\OpenRTM-aist\1.1.2\bin\vc12\ 
 C:\Program Files (x86)\OpenRTM-aist\1.1.2\omniORB\4.2.1_vc12\bin\x86_win32\ 
 C:\Program Files (x86)\OpenRTM-aist\1.1.2\OpenCV2.4.11\x86\vc12\bin\ 

インストール環境の設定を確認するスクリプトを提供しています。スクリプトの使い方、確認できる内容について下記ページで解説しています。

インストールされるファイル

ファイルは以下のような構造でインストールされます。
上記のインストール環境の設定を確認するスクリプトを実行すると、treeコマンドによるOpenRTM-aistディレクトリ構造をログファイルに保存しますので、詳細を確認することができます。

 <install_dir>
   + OpenRTM-aist
      + 1.x.x  :旧バージョンのランタイム
      + <version>
         + bin: dll, lib, 各種コマンド
         + cmake: OpenRTMConfig.cmake
         + coil: coil ヘッダファイル
         + Components
            + CXX:
               + Examples: C++ サンプルコンポーネント
               + OpenCV: OpenCVのC++ サンプルコンポーネント
            + Java: Java サンプルコンポーネント
            + Python: Python サンプルコンポーネント
         + etc: rtc.confサンプル
         + ext: ComponentObserverConsumer
         + jar: OpenRTM-aistと必要なjarファイル
         + jre: OpenJDK JRE
         + omniORB
         + OpenCV
         + rtm: OpenRTM-aist ヘッダファイル
            + idl: OpenRTM-aist IDLファイル
         + util
            + OpenRTP:
            + RTSystemEditor:
            + rtc-template: