一括インストール・スクリプト

openrtm.org が提供するインストール・スクリプトをダウンロードページからダウンロードし、root 権限で実行します。このスクリプトは、必要なパッケージを順次 apt-get でインストールしていきます。

オプションを指定することで、目的に合わせたパッケージをインストールできるようになったので、 初めて OpenRTM-aist をインストールしてみる方にもソースをコンパイルしてみる方にもお勧めします。

ただし、OpenRTM-aist 関係のすべてのパッケージをインストールするので、必要ないものもインストールされる可能性があります。 詳しく理解している人は、手動でインストールした方がよいでしょう。

pkg_install_(ubuntu / debian / raspbian).sh

現在 オプション alljavaは未対応です。インストールできるのは、OpenRTM-aist 1.2.0版以降となります。

オプションの設定は同じですが、pkg_install_raspbian.shはopenrtp・rtshellに関するオプションが未対応です。

オプション一覧

 $ ./pkg_install_ubuntu.sh --help
  Usage:
 
    pkg_install_ubuntu.sh [-l all/c++] [-r/-d/-s/-c] [-u]
    pkg_install_ubuntu.sh [-l python/java] [-r/-d/-c] [-u]
    pkg_install_ubuntu.sh [-l openrtp/rtshell] [-d] [-u]
 
  Example:
    pkg_install_ubuntu.sh  [= pkg_install_ubuntu.sh -l c++ -d]
    pkg_install_ubuntu.sh -l all -d  [= -l c++ -l python -l java -l openrtp -l rtshell -d]
    pkg_install_ubuntu.sh -l c++ -l python -c --yes
 
  Options:
    -l <argument>  language or tool [c++/python/java/openrtp/rtshell]
    -r             install robot component runtime
    -d             install robot component developer [default]
    -s             install tool_packages for build source packages
    -c             install tool_packages for core developer
    -u             uninstall
    --yes          force yes
    --help, -h     print this

インストールdebパッケージ一覧

オプションを指定して実行することで、次のパッケージをインストールします。

赤字は -u 指定時にアンインストールされるパッケージです。

deb-list.png

pkg_install_fedora.sh

現在 オプション all 、javaは未対応です。インストールできるのは、OpenRTM-aist 1.2.0版以降となります。

オプション一覧

 $ ./pkg_install_fedora.sh --help
  Usage:
 
    pkg_install_fedora.sh [-l all/c++] [-r/-d/-s/-c] [-u]
    pkg_install_fedora.sh [-l python/java] [-r/-d/-c] [-u]
    pkg_install_fedora.sh [-l openrtp] [-d] [-u]
 
  Example:
    pkg_install_fedora.sh  [= pkg_install_fedora19.sh -l c++ -d]
    pkg_install_fedora.sh -l all -d  [= -l c++ -l python -l java -l openrtp -d]
    pkg_install_fedora.sh -l c++ -l python -c --yes
 
  Options:
    -l <argument>  language or tool [c++/python/java/openrtp]
    -r             install robot component runtime
    -d             install robot component developer [default]
    -s             install tool_packages for build source packages
    -c             install tool_packages for core developer
    -u             uninstall
    --yes          force yes
    --help, -h     print this

インストールパッケージ一覧

赤字は -u 指定時にアンインストールされるパッケージです。

rpm-list.png

一括インストール・スクリプトを使う方法

以下、一括インストールスクリプトを使用したダウンロードとインストール方法です。

お使いの環境に合わせた一括インストールスクリプトを次のコマンドでダウンロードします。

 > wget [pkg_install_ubuntu.sh のダウンロードURL]

C++ 版をインストールする

初めてインストールする方にお勧めします。オプション "-l" を追加することで目的の言語を指定し、オプション "-d" を追加することでデフォルトインストールします。(このオプションは省略可能です。)

 > su
 # ./pkg_install_ubuntu.sh -l c++
 //途中、いくつかの質問をたずねられるので、''y'' あるいは ''Y'' を入力しながら完了させる。

Python 版をインストールする("Y" の入力を省略する)

初めてインストールする方にお勧めします。オプション "--yes" を追加することで、インストールを確認する質問と "Y" の入力を省略できます。

 > su
 # ./pkg_install_ubuntu.sh -l python --yes
 

C++ 版・Python 版とコア開発に必要なパッケージをインストールする

オプション "-c" を追加することでコア開発に必要なペッケージをインストールし、オプション "--yes" で "Y" の入力を省略します。

 > su
 # ./pkg_install_ubuntu.sh -l c++ -l python -c --yes

C++ 版をアンインストールする

オプション "-u" を追加することで、C++版をアンインストールします。

アンインストールするパッケージは、インストールdebパッケージ一覧 をご確認ください。

 > su
 # ./pkg_install_ubuntu.sh -l c++ -u

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1670
プロジェクト統計
RTコンポーネント288
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム