ビュー(リポジトリビュー編)

ここでは、リポジトリビューについて解説します。
RTC-RepositoryViewは、RTコンポーネント仕様記述ファイルを読み込み、ツリービューで表示する機能をもっています。

figREP2_1RepositoryView.png
RTC-RepositoryView


ファイルのロード

ここでは、RTC-RepositoryViewにRTコンポーネント仕様記述ファイルを指定して表示する方法を説明します。
RTC-RepositoryView内で右クリックし、表示されるコンテクストメニューから「Load File」を選択すると、ファイル選択ダイアログが表示されます。ここでRTC-RepositoryViewに読み込むRTコンポーネント仕様記述ファイルを選択します。
このダイアログはxmlファイルのみ表示するようフィルタがかかります。

figREP2_2LoadFile.png
ファイルのロード


ローカルに存在するRTコンポーネント仕様記述ファイルを読み込んだ場合、最上位階層は読み込んだRTコンポーネント仕様記述ファイルの絶対パスを表示します。そして、2階層目はRTコンポーネント仕様記述ファイル内で定義されているcategory属性の値を表示します。また3階層目はRTコンポーネント仕様記述ファイル内のname属性に記述されている値とRTコンポーネント仕様記述ファイル名を表示します。

ディレクトリのロード

ここでは、RTコンポーネント仕様記述ファイルが存在するディレクトリを指定して、ディレクトリ内の全ファイルの読み込み、表示を行う方法を説明します。
RTC-RepositoryView上で右クリックし、表示されるコンテクストメニューから「Load Dir」を選択すると、ディレクトリ選択ダイアログが表示されます。RTC-RepositoryViewに読み込むディレクトリを選択します。ディレクトリ以下に存在するRTコンポーネント仕様記述ファイルを読み込みます。

figREP2_3LoadDir.png
ディレクトリのロード


表示方法はファイルのロードと同様です。
すでに展開したディレクトリに新しいRTコンポーネント仕様記述ファイルを追加し、再度読み込みを行うと追加されたRTコンポーネント仕様記述ファイルのみ読み込まれます。

削除

RTC-RepositoryViewのコンポーネントは、RTC-RepositoryView上で右クリックし、コンテクストメニューから「Delete」を選択すると、削除することが可能です。
「Delete」はパス、category、コンポーネントのいずれかを選択している場合のみ選択できます。

figREP2_4Delete.png
コンポーネントの削除


最上位階層であるパスを削除すると、下位のcategory、コンポーネントも同時に削除されます。また3階層目のコンポーネントを削除し、他のコンポーネントが存在しない場合は再帰的に最上位階層まで削除されます。

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1618
プロジェクト統計
RTコンポーネント286
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

Join our slack

Enter email address for slack invite.

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム