更新方法

ここでは、OpenRTP(RTCBuilder, RTSystemEditorの総称)をアップデートする手順を説明します。OpenRTPはEclipseのプラグインとして提供しておりますので、Eclipse上で操作します。

OpenRTPの更新

Eclipseのメニューで、「ヘルプ」→「新規ソフトウエアのインストール」を選択します。

openrtp_01.jpg

「インストール」ダイアログの「追加」ボタンを押しリポジトリを追加します。名前とロケーションは以下のように指定します。

OpenRTP 1.1.0 をチェックし「次へ」または「完了」を押します。
インストール途中で証明書の信頼についての問い合わせ画面がひらきますので、レ点を入れてOKを押して下さい。

openrtp_03.jpg

インストール後は指示に従い再始動すると更新が反映されます。

既存のコンポーネントへの反映方法

すでに、生成したコンポーネントのプロジェクに関しては、次の手順等で対処して下さい。

  • eclipseにもう一度読み込んでコードを再生成する(eclipse上でいったんプロジェクトを削除し、改めてインポートする)
  • eclipseのパッケージ・エクスプローラ画面で、プロジェクト内のRTC.xmlをダブルクリックし、コード生成ボタンを押す
  • この時diff画面が表示されるので、idl/CMakeLists.txt のみを更新する

LinuxやMacなら単純にsedで置換する

 $ sed -ie 's/\"\${ALL_IDL_SRCS}\"/ALL_IDL_SRCS/' idl/CMakeLists.txt

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1604
プロジェクト統計
RTコンポーネント286
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム