OpenRTM-aist-Python-1.2.0-RELEASE

python-logo.png


インストール手順については以下のページを参照してください。

Windows インストーラー

32bit用

Windows 用インストーラー
(OpenRTM-aist、C++、Python、
Java版、および OpenRTP、
RTShell(4.2.2) 含む)
(Visual Studio 2008、2010、
2012、2013、2015、2017 共通)
OpenRTM-aist-1.2.0-RELEASE_x86.msi
MD5:abef26d7b3fa89f1ed8c7b96ea1a452b
2019/03/15
Python-2.7 python-2.7.16.msi python.org
Python-3.6 python-3.6.8.exe python.org
Python-3.7 python-3.7.3.exe python.org
  • ※ Python は、"2.7" "3.6" "3.7" のいずれかのバージョンをインストールして下さい。
  • ※ 古い RTShell は事前に削除しておいてください。ただし、OpenRTM-aist 1.1.2版をmsiでインストールしている場合は対応不要です。

64bit用

Windows 用インストーラー
(OpenRTM-aist、C++、Python、
Java版、および OpenRTP、
RTShell (4.2.2) 含む)
(Visual Studio 2010、2012、
2013、2015、2017 共通)
OpenRTM-aist-1.2.0-RELEASE_x86_64.msi
MD5:7a2670eb70a3e53abc819fa722be690a
2019/03/15
Python-2.7 python-2.7.16.amd64.msi python.org
Python-3.6 python-3.6.8-amd64.exe python.org
Python-3.7 python-3.7.3-amd64.exe python.org
  • ※ Python は、"2.7" "3.6" "3.7" のいずれかのバージョンをインストールして下さい。
  • ※ 古い RTShell は事前に削除しておいてください。ただし、OpenRTM-aist 1.1.2版をmsiでインストールしている場合は対応不要です。

インストールについては、OpenRTM-aistを10分で始めよう! のページで手順を紹介しています。

(重要なお知らせ)OpenRTM-aistインストール後の設定

  • Pythonのインストール先によっては、rtshellのexeコマンド実行時にエラーとなることが判明しました
  • 下記手順で更新して頂ければ改善します

  pip uninstall rtshell rtctree rtsprofile
  pip install rtshell-aist

Linux パッケージ

現在のところ、以下のディストリビューション・バージョンでパッケージを提供しています。
以下で配布しているインストールスクリプトを利用すれば、必要なパッケージを一括でインストールすることができます。

ディストリビューション・バージョン 一括インストールスクリプト
Ubuntu 14.04 (trusty) i386/amd64
Ubuntu 16.04 (xenial) i386/amd64
Ubuntu 18.04 (bionic) amd64
Ubuntu 18.10 (cosmic) amd64
pkg_install_ubuntu.sh
Debian 8.0 (jessie) i386/amd64
Debian 9.0 (stretch) i386/amd64
pkg_install_debian.sh
Fedora 27 i686/x86_64
Fedora 28 i686/x86_64
Fedora 29 i686/x86_64
pkg_install_fedora.sh

オプションを指定することで、目的に合わせたパッケージをインストールすることができるようになりました。インストール方法やオプション、パッケージの種類につきましては、一括インストール・スクリプト をご確認ください。

ソースコード

Python版ソースコード OpenRTM-aist-Python-1.2.0.tar.gz
MD5:6ef5853259aebd07e8d7985b93b0090c
2019/03/15
Python版ソースコード(Win32) OpenRTM-aist-Python-1.2.0.zip
MD5:bafe866f294064f2eb1894b5e79c425e
2019/03/15


リリースノート: 1.2.0-RELEASE

RTミドルウエア:OpenRTM-aist の Python言語版最新バージョン 1.2.0-RELEASE をリリースいたしました。

OpenRTM-aist Official Website からソースコード、Windows インストーラー、Linux 用パッケージ等が LGPL ライセンスもしくは産総研との個別契約のうち一つから選択するデュアルライセンス方式で利用可能です。

機能に関する変更

    • 雑多なバグフィックス
    • マネージャ起動時にポートを接続する機能
    • マネージャ起動時にコンポーネントをアクティベーションする機能
    • CORBA_RTCUtil:コンポーネント操作関数群の導入
    • トピックベースのポート接続機能
    • 共有メモリ通信データポート(shared_memory型インターフェース)
    • 同一プロセス内通信のデータ転送を変数で渡すダイレクト接続データポート(direct型インターフェース)
    • OpenSSLによるセキュアな通信機能
    • 名前付けポリシー機能の拡張(同一ネームサーバー、同一ノードで独自のインスタンス名を設定する)
    • rtcloc形式のコンポーネント指定方法(マスターマネージャに登録されたスレーブマネージャからコンポーネントを名前で検索)
    • rtcname形式のコンポーネント指定方法(ネームサーバーに登録されたコンポーネントを名前で検索)
    • デフォルトでデータポートの二重接続を許可しない機能
    • LogstreamBase:ロガー機能の拡張
    • Fluent Bitによるログ収集機能
    • コンポーネントオブザーバのデータ入出力検知機能
    • モジュール探索パスのサブディレクトリのモジュールを探索する機能

ユーザービリティに関する変更

    • Windows インストーラーで omniORBpy を 4.2.3 に更新

動作条件

    • サポートする Python バージョン: 2.7、3.6、3.7
    • 動作確認済みOS
      • Debian 8.0 i386, amd64
      • Debian 9.0 i386, amd64
      • Ubuntu 14.04 i386, amd64
      • Ubuntu 16.04 i386, amd64
      • Ubuntu 18.04 amd64
      • Ubuntu 18.10 amd64
      • Fedora release 27 i686, x86_64
      • Fedora release 28 i686, x86_64
      • Fedora release 29 i686, x86_64
      • Windows-7 (32/64bit)
      • Windows-8.1 (32/64bit)
      • Windows-10 (32/64bit)

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.0-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1761
プロジェクト統計
RTコンポーネント292
RTミドルウエア23
ツール20
文書・仕様書1

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム