動作確認 (Windows編)

サンプルコンポーネントの場所

インストールまたはビルドが正常に終了したら、付属のサンプルで動作テストをします。 サンプルは、通常は以下の場所にあります。

  • C:\Program Files\OpenRTM-aist\1.2.0\Components\Java
  • OpenRTM-aist\jp.go.aist.rtm.RTC\bin\RTMExamples (ソースからビルドした場合)

サンプルコンポーネントセット SimpleIO を使って、OpenRTM-aist が正しくビルド・インストールされているかを確認します。

サンプル (SimpleIO) を使用したテスト

RT コンポーネント ConsoleIn、ConsoleOut からなるサンプルセットです。 ConsoleIn はコンソールから入力された数値を OutPort から出力するコンポーネント、ConsoleOut は InPort に入力された数値をコンソールに表示するコンポーネントです。 これらは、最も Simple な I/O (入出力) を例示するためのサンプルです。 ConsoleIn の OutPort から ConsoleOut の InPort へ接続を構成し、これらの2つのコンポーネントをアクティブ化 (Activate) することで動作します。

以下は、msi インストーラーで OpenRTM-aist をインストールした環境で、スタートメニューから各種プログラムを起動する前提で説明します。

RT System Editor、ネームサーバー起動

以下の手順に従ってRT System Editor、ネームサーバーを起動してください。

サンプルコンポーネントの起動

ネームサーバー起動後、適当なサンプルコンポーネントを起動します。

Windows 10の場合は右下の「ここに入力して検索」にJava_Examplesと入力してサンプルのフォルダを開きます。

rtm27.png
ネームサーバーの起動を確認

rtm28.png
サンプルコンポーネントフォルダー

ここでは、「ConsoleIn.bat」「ConsoleOut.bat」をそれぞれダブルクリックして2つのコンポーネントを起動します。 起動すると、下図のような2つのコンソール画面が開きます。

rtm29.png
ConsoleIn コンポーネントと ConsoleOut コンポーネント

コンポーネントが起動しない場合

コンポーネントが起動しない場合、いくつかの原因が考えられます。

コンソール画面が開いてすぐに消える

環境変数RTM_ROOTRTM_JAVA_ROOTが正しく設定されていない場合に問題が発生する可能性があります。 msi インストーラーでインストールした場合はOSを再起動すると解決する場合があります。

また、rtc.conf の設定に問題があり、起動できないケースがあります。上記スタートメニューフォルダーの [rtc.conf for examples] を開いて設定を確認してください。 例えば、corba.endpoint/corba.endpoints などの設定が現在実行中の PC のホストアドレスとミスマッチを起こしている場合などは、CORBA が異常終了します。

以下のような最低限の rtc.conf に設定しなおして試してみてください。

 corba.nameservers: localhost

エディタへの配置

RT System Editorのツリー表示の [>] をクリックすると、先ほど起動した2つのコンポーネントが登録されていることがわかります。

/ja/node/6614
ConsoleIn コンポーネントと ConsoleOut コンポーネント

システムを編集するエディタを開きます。上部のエディタを [開く] ボタン /ja/node/794 をクリックすると、中央のペインにエディタが開きます。

左側のネームサービスビューに  /ja/node/794 のアイコンで表示されているコンポーネント (2つ) を中央のエディタにドラッグアンドドロップします。

/ja/node/6614
コンポーネントをエディタに配置

接続とアクティブ化

ConsoleIn0 コンポーネントの右側にはデータが出力される OutPort  /ja/node/794 、ConsoleOut0 コンポーネントの左側にはデータが入力される InPort  /ja/node/794 がそれぞれついています。

これら InPort/OutPort (まとめてデータポートと呼びます) を接続します。 OutPort から InPort (または InPort から OutPort) へドラッグランドドロップすると、図のようなダイアログが現れますので、デフォルト設定のまま [OK] ボタンをクリックします。

/ja/node/6614
データポートの接続

/ja/node/6614
データポート接続ダイアログ

2つのコンポーネントの間に接続線が現れます。次に、エディタ上部メニューの [All Activate] ボタン rtm14.png をクリックし、これらのコンポーネントをアクティブ化します。 アクティブ化されると、コンポーネントが緑色に変化します。

/ja/node/6614
アクティブ化されたコンポーネント

コンポーネントがアクティブ化されると ConsoleIn コンポーネント側では

 Please input number: 

というプロンプト表示に変わりますので、適当な数値 (short int の範囲内:32767以下) を入力し Enter キーを押します。 すると、ConsoleOut 側では、入力した数値が表示され、ConsoleIn コンポーネントから ConsoleOut コンポーネントへデータが転送されたことがわかります。

以上で、コンポーネントの基本動作の確認は終了です。

他のサンプル

インストーラーには、このほかにもいくつかのサンプルコンポーネントが付属しています。 これらのコンポーネントも同様に起動し、RTSystemEditor でポート同士を接続し、アクティブ化することで試すことができます。

付属しているコンポーネントのリストと簡単な説明を以下に示します。

ConsoleInComp.bat コンソールから入力された数値を OutPort から出力する。ConsoleOutComp.exe に接続して使用する。
ConsoleOutComp.bat InPort に入力された数値をコンソールに表示するコンポーネント。ConsoleInComp.exe に接続して使用する。
SeqInComp.bat ランダムな数値(Short、Long、Float、Double とそのシーケンス型)を出力するコンポーネント。SequenceOutComp.bat に接続して使用する。
SeqOutComp.bat InPort に入力される数値(Short、Long、Float、Double とそのシーケンス型)を表示。SequenceInComp.exe に接続して使用する。
MyServiceProviderComp.bat MyService 型のサービスを提供するコンポーネント。MyServiceConsumerComp.exe に接続して使用する。
MyServiceConsumerComp.bat MyService 型のサービスを提供するコンポーネント。MyServiceProviderComp.exe に接続して使用する。
ConfigSampleComp.bat Configuration のサンプル。RtcLink から Configuration を変更して Configuration の挙動を理解するためのサンプル。


ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.0-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1762
プロジェクト統計
RTコンポーネント292
RTミドルウエア23
ツール20
文書・仕様書1

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム