エラーメッセージ

  • Warning: file_put_contents(temporary://fileT9zWDS): failed to open stream: "DrupalTemporaryStreamWrapper::stream_open" call failed file_unmanaged_save_data() (/var/www/html/openrtm/includes/file.inc ファイル 2024行).
  • ファイルを作成できませんでした。
  • Warning: file_put_contents(temporary://fileLPw2oR): failed to open stream: "DrupalTemporaryStreamWrapper::stream_open" call failed file_unmanaged_save_data() (/var/www/html/openrtm/includes/file.inc ファイル 2024行).
  • ファイルを作成できませんでした。

TAOのビルド

Windows

ACE+TAOのビルド

以下から ACE+TAO.zip をダウンロードしてください。

Visual Studio で ACE と TAO のビルドをします。

ACE+TAO.zip を展開したフォルダーの ace/config-win32.hace/config.h に変更してください。

ACE_vs2019.sln (もしくは ACE_vs2017.sln)を Visual Studio で開いてビルドしてください。 64bitの場合はソリューションプラットフォームがWin32となっている部分をx64に変更してください。

次に以下の環境変数を設定した状態でTAO_vs2019.sln (もしくは TAO_vs2017.sln)を Visual Studio で開いてビルドしてください。

環境変数 内容 設定例
ACE_ROOT ACE_wrappersを展開したフォルダのパス C:/work/ACE_wrappers

 cd TAO
 set ACE_ROOT=C:/work/ACE_wrappers
 TAO_vs2019.sln

Ubuntu

ACE+TAOのビルド

ACE+TAO.tar.gzを入手して以下のコマンドでビルドします。

 export ACE_INSTALL_DIR=~/work/ace_install
 sudo apt-get install gperf
 export ACE_ROOT=${PWD}/ACE_wrappers/build/linux
 export TAO_ROOT=${ACE_ROOT}/TAO
 export LD_LIBRARY_PATH=$ACE_ROOT/ace:$ACE_ROOT/lib
 export INSTALL_PREFIX=$ACE_INSTALL_DIR
 wget https://github.com/DOCGroup/ACE_TAO/releases/download/ACE%2BTAO-7_0_6/ACE+TAO-7.0.6.tar.gz
 tar xf ACE+TAO-7.0.6.tar.gz
 cd ACE_wrappers
 mkdir -p build/linux
 ./bin/create_ace_build build/linux
 echo '#include "ace/config-linux.h"' > build/linux/ace/config.h
 echo 'include $(ACE_ROOT)/include/makeinclude/platform_linux.GNU' > build/linux/include/makeinclude/platform_macros.GNU
 cd build/linux
 make
 make install
 cd TAO
 make
 make install

SSLIOPを有効にする場合は、以下のようにsslオプションを有効にしてSSLIOPをビルドする必要があります。

 cd build/linux
 make ssl=1
 make install ssl=1
 cd TAO
 make SSLIOP ssl=1
 make install ssl=1

環境変数の設定

また、pkg-configでACE+TAOを検出するには以下のように環境変数PKG_CONFIGを設定する。

 export PKG_CONFIG_PATH=${ACE_INSTALL_DIR}/lib/pkgconfig:$PKG_CONFIG_PATH

ネームサーバー起動手順(SSLIOP)

ネームサーバーをSSLIOP通信可能な状態で起動するためには以下のコマンドを実行する。

 ${ACE_INSTALL_DIR}bin/tao_cosnaming -ORBSvcConf server.conf -ORBEndpoint iiop://localhost:/ssl_port=2809

エンドポイントをssliop://localhost:2809のように設定するとcorbaloc形式でのアクセスが上手くいかないため、上記のようにiiop://localhost:/ssl_port=2809と指定する。

server.confは例えば以下のようなファイルを用意する。

 dynamic SSLIOP_Factory Service_Object *
         TAO_SSLIOP:_make_TAO_SSLIOP_Protocol_Factory()
         "-SSLAuthenticate SERVER_AND_CLIENT -SSLPrivateKey PEM:server_key.pem -SSLCertificate PEM:server_cert.pem -SSLCAfile PEM:cacert.pem"
 static Resource_Factory "-ORBProtocolFactory SSLIOP_Factory"

ダウンロード

最新バージョン : 2.0.1-RELESE

統計

Webサイト統計
ユーザ数:2149
プロジェクト統計
RTコンポーネント307
RTミドルウエア35
ツール22
文書・仕様書2

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク