OpenRTP 1.2.0

eclipse_logo.png

パッケージ

1.2.0版は Eclipse-4.7.3 ベースです。

Windows インストーラー

32bit用

Windows 用インストーラー
(OpenRTM-aist、C++、Python、
Java版、および OpenRTP、
RTShell(4.2.2) 含む)
(Visual Studio 2008、2010、
2012、2013、2015、2017 共通)
OpenRTM-aist-1.2.0-RELEASE_x86.msi
MD5:abef26d7b3fa89f1ed8c7b96ea1a452b
2019/03/15
Python-2.7 python-2.7.16.msi python.org
Python-3.6 python-3.6.8.exe python.org
Python-3.7 python-3.7.3.exe python.org
  • ※ Python は、"2.7" "3.6" "3.7" のいずれかのバージョンをインストールして下さい。
  • ※ 古い RTShell は事前に削除しておいてください。ただし、OpenRTM-aist 1.1.2版をmsiでインストールしている場合は対応不要です。

64bit用

Windows 用インストーラー
(OpenRTM-aist、C++、Python、
Java版、および OpenRTP、
RTShell (4.2.2) 含む)
(Visual Studio 2010、2012、
2013、2015、2017 共通)
OpenRTM-aist-1.2.0-RELEASE_x86_64.msi
MD5:7a2670eb70a3e53abc819fa722be690a
2019/03/15
Python-2.7 python-2.7.16.amd64.msi python.org
Python-3.6 python-3.6.8-amd64.exe python.org
Python-3.7 python-3.7.3-amd64.exe python.org
  • ※ Python は、"2.7" "3.6" "3.7" のいずれかのバージョンをインストールして下さい。
  • ※ 古い RTShell は事前に削除しておいてください。ただし、OpenRTM-aist 1.1.2版をmsiでインストールしている場合は対応不要です。

インストールについては、OpenRTM-aistを10分で始めよう! のページで手順を紹介しています。

Linux パッケージ

現在のところ、以下のディストリビューション・バージョンでパッケージを提供しています。
以下で配布しているインストールスクリプトを利用すれば、必要なパッケージを一括でインストールすることができます。

ディストリビューション・バージョン 一括インストールスクリプト
Ubuntu 14.04 (trusty) i386/amd64
Ubuntu 16.04 (xenial) i386/amd64
Ubuntu 18.04 (bionic) amd64
Ubuntu 18.10 (cosmic) amd64
pkg_install_ubuntu.sh
Debian 8.0 (jessie) i386/amd64
Debian 9.0 (stretch) i386/amd64
pkg_install_debian.sh
Fedora 27 i686/x86_64
Fedora 28 i686/x86_64
Fedora 29 i686/x86_64
pkg_install_fedora.sh

オプションを指定することで、目的に合わせたパッケージをインストールすることができるようになりました。OpenRTPは、「-l openrtp」の指定となります。 インストール方法やオプション、パッケージの種類につきましては、一括インストール・スクリプト をご確認ください。

OpenRTP の起動方法

Windows での起動

デスクトップのショートカットを クリックして起動します。スタートメニューでは、[OpenRTM-aist 1.2.0 ***] フォルダー内の OpenRTP をクリックです。 OpenRTM-aistを10分で始めよう! のページで手順を紹介しています。

Linux での起動

任意のディレクトリで、openrtp コマンドで起動できます。

リリースノート: 1.2.0-RELEASE

    • RT System Editorにネームサーバー起動ボタン、終了ボタンを導入
    • RT System Editorでコンポーネントにアタッチした実行コンテキストを表示する機能
    • RT System EditorにコンポーネントオブザーバーによるRTC監視機能を導入
    • RT System Editorでデータ入出力中のデータポートを点滅する機能
    • RT System Editorにマスターマネージャ起動ボタンを導入
    • RT System EditorにAll Exitボタンを導入
    • RTC BuilderでChoreonoid用のコードを生成する機能
    • RTC Builderで独自データ型のIDLファイルの設定方法の変更

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.0-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1759
プロジェクト統計
RTコンポーネント292
RTミドルウエア23
ツール20
文書・仕様書1

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム