ラズパイマウス用 RTC のインストール(Windows)

スクリプトファイル

RTC の起動、RTシステムの復元を自動化するためのスクリプトファイルです。 ここ からダウンロードしてください。

RaspberryPiMouseGUI

ラズパイマウス操作用GUIです。 スクリプトファイルの項目でダウンロードしたファイルの中に同梱されています。

RaspberryPiMouseGUI.png
RaspberryPiMouseGUI_comp.png

RaspberryPiMouseGUI
InPort
名前 データ型 説明
current_velocity RTC::TimedVelocity2D 現在の速度
current_pose RTC::TimedPose2D 現在の位置、姿勢
distance_sensor RTC::TimedShortSeq 距離センサの計測値
orientation RTC::TimedOrientation3D 現在の姿勢
OutPort
名前 データ型 説明
target_velocity RTC::TimedVelocity2D 目標速度
target_position RTC::TimedPoint2D 目標位置(未使用)
update_pose RTC::TimedPose2D 位置再設定

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.0-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1761
プロジェクト統計
RTコンポーネント292
RTミドルウエア23
ツール20
文書・仕様書1

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム