動作確認

Raspberry Pi にログイン後、コマンドからデバイスファイルを操作することで動作確認を行います。 各デバイスの位置などは ラズパイマウスのマニュアル を参考にしてください。

LED

以下のコマンドで LED が点灯、消灯しているかを確認してください。

 echo 1 > /dev/rtled0
 echo 0 > /dev/rtled0

 echo 1 > /dev/rtled1
 echo 0 > /dev/rtled1

 echo 1 > /dev/rtled2
 echo 0 > /dev/rtled2

 echo 1 > /dev/rtled3
 echo 0 > /dev/rtled3

スイッチ

スイッチを押した状態、離した状態で以下のコマンドを入力してください。

 cat /dev/rtswitch0
 cat /dev/rtswitch1
 cat /dev/rtswitch2
 cat /dev/rtswitch3

ブザー

以下のコマンドでブザーが鳴るかを確認してください。

 echo 440 > /dev/rtbuzzer0
 echo 0 > /dev/rtbuzzer0

距離センサー

距離センサーに物体を近づけた状態、離した状態で以下のコマンドを入力してください。

 cat /dev/rtlightsensor0

モーター

最初にモーター電源スイッチを ON にしてください。

rpm10.png

以下のコマンドで車輪が回転するかを確認してください。

 echo 1 > /dev/rtmotoren0
 
 echo 400 > /dev/rtmotor_raw_l0
 echo -400 > /dev/rtmotor_raw_l0
 echo 0 > /dev/rtmotor_raw_l0
 
 echo 400 > /dev/rtmotor_raw_r0
 echo -400 > /dev/rtmotor_raw_r0
 echo 0 > /dev/rtmotor_raw_r0
 
 echo 0 > /dev/rtmotoren0

終わったらモーター電源スイッチを OFF にしてください。

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.0-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1761
プロジェクト統計
RTコンポーネント292
RTミドルウエア23
ツール20
文書・仕様書1

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム