DDC4RTC標準がOMG において採択されFTFが組織されました

22 Jun , 2012

omg_member.png

6月18日~22日に米国・マサチューセッツ州・ケンブリッジにおいて行われたOMG技術会議において、RTコンポーネントの動的配置とコンフィギュレーションに関する標準仕様:DDC4RTC (Dynamic Deployment and Configuration for Robotic Technology Component) が採択されました。これを受けて、最終的な仕様文書を作成するFTF (Finalization Task-Force) の設立提案も承認されました。 今後1年間かけて、DDC4RTC仕様の公開に向けた最終的な文書化および、提案組織である産総研および韓国・ETRI(韓国電子通信研究院)がそれぞれ実装を進める予定です。

DDC4RTC

DDC4RTCは、RTコンポーネントの単純な配置と設定 (Deployment and Configuration: これらを一般にD&CあるいはDnCと呼ぶことがある) だけでなく、システムの外的・内的イベントに応じてシステムの構成を動的に変更するためのメカニズムも含めた標準仕様です。OMGにおいては、コンポーネントのD&Cのための標準仕様としてDEPL (Deployment And Configuration Of Component-Based Distributed Applications) が策定されていました。しかしながら、DEPLにおいては動的システム変更は基本的には想定されておらず、また仮定しているコンポーネントモデルもRTCとは異なるものでした。

そこでDEPL仕様を拡張するとともに、システムの動的DeploymentおよびConfigurationを可能にする仕組みとして、SupervisorFSMと呼ばれるものを追加したものが、今回採択されたDDC4RTC標準です。

FTF (Finalization Task-Force)

OMGの標準化プロセスにおいては、標準仕様を標準作業部会で採択後、FTFと呼ばれる最終的な公開文書を作成するためのTask-Forceが1年間組織されます。この間、実装と並行して仕様の細部について検証し、軽微な修正や実装から判明した仕様の不整合に関する修正を行い、最終的な公開文書を作成していきます。 今回DDC4RTCのためのFTFは、以下のから構成されます。

  • Noriaki Ando (Co-Chair), AIST
  • Seung-Woog Jung (Co-Chair), ETRI
  • Takashi Suehiro, UEC
  • Takeshi Sakamoto, Shibaura Institute of Technology
  • Takashi Tsubouchi, University of Tsukuba
  • Geoffrey Biggs, JARA
  • HongSeong Park, Kangwon National University
  • Chuljong Hwang, KAR
  • Manfred Koethe, 88solutions

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1632
プロジェクト統計
RTコンポーネント286
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

Join our slack

Enter email address for slack invite.

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム