画面構成と機能(リポジトリビュー 編)

 リポジトリビューは、RT コンポーネント仕様記述ファイルを読み込み、ツリービューで表示する機能をもっています。 またリポジトリビューには、大きく分けて、ローカルに存在する仕様記述ファイルを直接読み込む機能と、リモートに存在する RT リポジトリに接続し、リポジトリ内の情報をツリー表示する機能があります。

リポジトリビューの表示

メニューの「ウィンドウ(W)」から「ビューの表示(V)」を選択し、「その他(O)」を押下します。

fig1-3SelectRepositoryView_ja.png
リポジトリビューの選択


「RepositoryView」を選択することで、リポジトリビューが起動します。

fig1-4RepositoryViewInit_ja.png
リポジトリビューの初期起動時画面


ローカル版の概要

ローカルに存在する RT コンポーネント仕様記述ファイルを読み込み、ツリービューで表示する機能です。

fig2-1RepositoryViewLocal_ja.png
リポジトリビュー(ローカル仕様記述読込時)


ファイルのロード

 ここでは、リポジトリビューに RT コンポーネント仕様記述ファイルを指定して表示する方法の説明を行います。 リポジトリビュー内で右クリックし、表示されるコンテクストメニューから「 ファイルから読込 」を選択すると、ファイル選択ダイアログが表示されます。ここでリポジトリビューに読み込む RT コンポーネント仕様記述ファイルを選択します。 このダイアログは xml ファイルのみ表示するようフィルタがかかります。

fig2-1LoadFile_ja.png
ファイルのロード


 ローカルに存在する RT コンポーネント仕様記述ファイルを読み込んだ場合、最上位階層は読み込んだ RT コンポーネント仕様記述ファイルの絶対パスを表示します。そして、2階層目は RT コンポーネント仕様記述ファイル内で定義されている category 属性の値を表示します。また3階層目は RT コンポーネント仕様記述ファイル内の name 属性に記述されている値と RT コンポーネント仕様記述ファイル名を表示します。

ディレクトリのロード

 ここでは、 RT コンポーネント仕様記述ファイルが存在するディレクトリを指定して、ディレクトリ内の全ファイルの読み込み、表示を行う方法を説明します。 リポジトリビュー上で右クリックし、表示されるコンテクストメニューから「 ディレクトリから読込 」を選択すると、ディレクトリ選択ダイアログが表示されます。リポジトリビューに読み込むディレクトリを選択します。ディレクトリ以下に存在する RT コンポーネント仕様記述ファイルを読み込みます。

fig2-5LoadDir_ja.png
ディレクトリのロード後


 表示方法はファイルのロードと同様です。 すでに展開したディレクトリに新しい RT コンポーネント仕様記述ファイルを追加し、再度読み込みを行うと追加された RT コンポーネント仕様記述ファイルのみ読み込まれます。

削除

 リポジトリビューのコンポーネントは、リポジトリビュー上で右クリックし、コンテクストメニューから「 削除 」を選択すると、削除することが可能です。 「 削除 」はパス、 category 、コンポーネントのいずれかを選択している場合のみ選択できます。

fig2-6Delete_ja.png
削除


 最上位階層であるパスを削除すると、下位の category 、コンポーネントも同時に削除されます。また3階層目のコンポーネントを削除し、他のコンポーネントが存在しない場合は再帰的に最上位階層まで削除されます。

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1633
プロジェクト統計
RTコンポーネント286
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

Join our slack

Enter email address for slack invite.

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム