画像処理コンポーネントの作成 (OpenRTM-aist-1.1-RELEASE, rtmtools-1.1.0-RC3, CMake, VC2010)

はじめに

このケーススタディーでは、簡単な画像処理をコンポーネント化する方法を紹介します。 既存のカメラコンポーネントと画像表示コンポーネントを利用し、カメラからの画像をj左右(または上下)に反転させる処理部分をコンポーネントとして作成してカメラの画像を反転させ表示するシステムを作成します。

画像を反転する処理は簡単に実装することができますが、ここではさらに簡単のために OpenCV ライブラリを利用しより汎用性の高い RTコンポーネントを作成します。

OpenCVとは

OpenCV (オープンシーブイ) とはかつてインテルが、現在は Willow Garage が開発・公開しているオープンソースのコンピュータビジョン向けライブラリです。

Wikipediaより抜粋。

作成する RTコンポーネント

  • Flipコンポーネント: OpenCV ライブラリが提供する様々な画像処理関数のうち、cvFlip() 関数を用いて画像の反転を行う RTコンポーネント。

cvFlip 関数の RTコンポーネント化

入力された画像を左右または上下に反転し出力するRTコンポーネントを、OpenCV ライブラリの cvFlip 関数を利用して作成します。 作成および実行環境は Windows上 のVisual C++ を想定しています。対象 OpenRTM-aist のバージョンは 1.1.0 です。

作成手順はおおよそ以下のようになります。

  • 動作環境・開発環境についての確認
  • OpenCV と cvFlip 関数についての確認
  • コンポーネントの仕様を決める
  • RTCBuilder を用いたソースコードのひな形の作成
  • アクティビティ処理の実装
  • コンポーネントの動作確認

cvFlip 関数について

cvFlip 関数は、OpenCV で標準的に用いられている IplImage型の画像データを垂直軸 (左右反転)、水平軸 (上下反転)、または両軸 (上下左右反転)に対して反転させます。 関数プロトタイプと入出力の引数の意味は以下の通りです。

 void cvFlip(IplImage* src, IplImage* dst=NULL, int flipMode=0);
 #define cvMirror cvFlip
  
 src       入力配列
 dst       出力配列。もし dst=NULL であれば、src が上書きされます。
 flipMode 配列の反転方法の指定内容:
  flipMode = 0: X軸周りでの反転(上下反転)
  flipMode > 0: Y軸周りでの反転(左右反転)
  flipMode < 0: 両軸周りでの反転(上下左右反転)

コンポーネントの仕様

これから作成するコンポーネントを Flip コンポーネントと呼ぶことにします。

このコンポーネントは画像データ型の入力ポート (InPort) と、反転処理した画像を出力するための出力ポート (OutPort) を持ちます。 それぞれのポートの名前を 入力ポート(InPort)名: originalImage、出力ポート(OutPort)名: flippedImage とします。

OpenRTM-aist には OpenCV を使用したビジョン関連のコンポーネントがサンプルとして付属しています。 これらのコンポーネントのデータポートは画像の入出力に以下のような CameraImage 型を使用しています。

   struct CameraImage
     {
         /// Time stamp.
         Time tm;
         /// Image pixel width.
         unsigned short width;
         /// Image pixel height.
         unsigned short height;
         /// Bits per pixel.
         unsigned short bpp;
         /// Image format (e.g. bitmap, jpeg, etc.).
         string format;
         /// Scale factor for images, such as disparity maps,
         /// where the integer pixel value should be divided
         /// by this factor to get the real pixel value.
         double fDiv;
         /// Raw pixel data.
         sequence<octet> pixels;
     };

この Flip コンポーネントではこれらのサンプルコンポーネントとデータのやり取りができるよう同じく CameraImage型を InPort と OutPort に使用することにします。 CameraImage型は InterfaceDataTypes.idl で定義されており、C++であれば、InterfaceDataTypesSkel.h をインクルードすると使えるようになります。

また、画像を反転させる方向は、左右反転、上下反転、上下左右反転の3通りがあります。 これを実行時に指定できるように、RTコンポーネントのコンフィギュレーション機能を使用して指定できるようにします。 パラメーター名は flipMode という名前にします。

flipMode は cvFlip 関数の仕様に合わせて、型は int 型とし 上下反転、左右反転、上下左右反転それぞれに 0、1、-1 を割り当てることにします。

flipMode の各値での画像処理のイメージを下図に示します。

cvFlip_and_FlipRTC.png
Flip コンポーネントの flipMode 指定時の画像反転パターン

以上からFlipコンポーネントの仕様をまとめます。

コンポーネント名称 Flip
InPort
ポート名 originalImage
CameraImage
意味 入力画像
OutPort
ポート名 flippedImage
CameraImage
意味 反転された画像
Configuration
パラメーター名 flipMode
int
意味 反転モード
上下反転: 0
左右反転: 1
上下左右反転: -1

動作環境・開発環境

ここで動作環境および開発環境を確認しておきます。

OpenRTM-aist-1.1以降では、コンポーネントのビルドにCMakeを使用します。 また、RTC のひな形生成ツール RTCBuilder では、ドキュメントを入力してこれを Doxygen に処理させることで、コンポーネントのマニュアルも自動で生成することができるようになっており、このため CMake で Configureを行うときに Doxygen が要求されるため、予めインストールしておく必要があります。

Flip コンポーネントの雛型の生成

Flip コンポーネントの雛型の生成は、RTCBuilder を用いて行います。

RTCBuilder の起動

Eclipse では、各種作業を行うフォルダーを「ワークスペース」(Work Space)とよび、原則としてすべての生成物はこのフォルダーの下に保存されます。 ワークスペースはアクセスできるフォルダーであれば、どこに作っても構いませんが、このチュートリアルでは以下のワークスペースを仮定します。

  • C:\rtcws

eclipse.exe をダブルクリックするとまず、ワークスペースの場所を尋ねられますので、上記のワークスペースを指定してください。 すると、以下のような Welcome ページが表示されます。


fig1-1EclipseInit.png
Eclipse の初期起動時の画面

Welcome ページはいまは必要ないので左上の「×」ボタンをクリックして閉じてください。

fig2-2PerspectiveSwitch.png
パースペクティブの切り替え

右上の [Open Perspective] ボタンをクリックし、プルダウンの「Other…」を選択します。

fig2-3PerspectiveSelection.png
パースペクティブの選択

「RTC Builder」を選択することで、RTCBuilder が起動します。メニューバーに「カナヅチとRT」の RTCBuilder のアイコンが現れます。


新規プロジェクトの作成

Flip コンポーネントを作成するために、RTCBuilder で新規プロジェクトを作成する必要があります。プロジェクトを作成する方法は2種類あります。

  1. 画面上部のメニューから [ファイル] > [新規] > [プロジェクト] を選択 (Eclipse 共通)
    • 「新規プロジェクト」 画面において、「その他」 > 「RTCビルダ」を選択し、[次へ] をクリック
  2. メニューバーの「RTCBuilder」のアイコンをクリック
    fig2-5CreateProject.png
    RTC Builder 用プロジェクトの作成 1 (「ファイル」メニューから)

fig2-6CreateProject2.png
RTC Builder 用プロジェクトの作成 2(「ファイル」メニューから)

どちらの方法でも、次ようなプロジェクト作成ウィザードが開始されます。 「プロジェクト名」欄に作成するプロジェクト名 (ここでは Flip) を入力して [終了] ボタンをクリックします。

RT-Component-BuilderProject.png
RTC Builder 用プロジェクトの作成 3

指定した名称のプロジェクトが生成され、パッケージエクスプローラ内に追加されます。

PackageExplolrer.png
RTC Builder 用プロジェクトの作成 4

生成したプロジェクト内には、デフォルト値が設定された RTC プロファイル XML(RTC.xml) が自動的に生成されます。

RTC プロファイルエディタの起動

RTC.xml が生成された時点で、このプロジェクトに関連付けられているワークスペースとして RTCBuilder のエディタが開くはずです。もし開かない場合は、ツールバーの [Open New RtcBuilder Editor] ボタンをクリックするか、メニューバーの [File] > [Open New Builder Editor] を選択します。

Open_RTCBuilder.png
ツールバーから Open New RtcBuilder Editor

fig2-10FileMenuOpenNewBuilder.png
File メニューから Open New Builder Editor

プロファイル情報入力とコードの生成

まず、いちばん左の「基本」タブを選択し、基本情報を入力します。先ほど決めた Flip コンポーネントの仕様(名前)の他に、概要やバージョン等を入力してください。 ラベルが赤字の項目は必須項目です。その他はデフォルトで構いません。

  • モジュール名: Flip
  • モジュール概要: Flip image component
  • バージョン: 1.0.0
  • ベンダ名: AIST
  • モジュールカテゴリ: Category
  • コンポーネント型: STATIC
  • アクティビティ型: PERIODIC
  • コンポーネント種類: DataFlowComponent
  • 最大インスタンス数: 1
  • 実行型: PeriodicExecutionContext
  • 実行周期: 0.0 (下図では 1.0 となってますが、0.0 としてください.)


Basic.png
基本情報の入力


次に、「アクティビティ」タブを選択し、使用するアクションコールバックを指定します。

Flip コンポーネントでは、onActivated()、onDeactivated()、onExecute() コールバックを使用します。 下図のように①の onAtivated をクリック後に②のラジオボタンにて [ON] チェックを入れます。onDeactivated、onExecuteについても同様の手順を行います。


Activity.png
アクティビティコールバックの選択


さらに、「データポート」タブを選択し、データポートの情報を入力します。 先ほど決めた仕様を元に以下のように入力します。なお、変数名や表示位置はオプションで、そのままで結構です。


-InPort Profile:
    • ポート名: originalImage
    • データ型: CameraImage
    • 変数名: originalImage
    • 表示位置: left
      -OutPort Profile:
    • ポート名: flippedImage
    • データ型: CameraImage
    • 変数名: flippedImage
    • 表示位置: right


DataPort.png
データポート情報の入力


次に、「コンフィギュレーション」タブを選択し、先ほど決めた仕様を元に、Configuration の情報を入力します。 制約条件および Widget とは、RTSystemEditor でコンポーネントのコンフィギュレーションパラメーターを表示する際に、スライダー、スピンボタン、ラジオボタンなど、GUI で値の変更を行うためのものです。

ここでは、flipMode が取りうる値は先ほど仕様を決めたときに、-1、0、1 の3つの値のみ取ることにしたので、ラジオボタンを使用することにします。


-flipMode
    • 名称: flipMode
    • データ型: int
    • デフォルト値: 1
    • 変数名: flipMode
    • 制約条件: (-1, 0, 1) ※ (-1: 上下左右反転, 0: 上下反転, 1: 左右反転)
    • Widget: radio


Configuration.png
コンフィグレーション情報の入力


次に、「言語・環境」タブを選択し、プログラミング言語を選択します。 ここでは、C++(言語)を選択します。なお、言語・環境はデフォルト等が設定されておらず、指定し忘れるとコード生成時にエラーになりますので、必ず言語の指定を行うようにしてください。

また、C++の場合デフォルトでは CMake を利用してビルドすることになっていますが、旧式のVCのプロジェクトやソリューションを直接 RTCBuilder が生成する方法を利用したい場合は [Use old build environment] を チェックしてください。

Language.png
プログラミング言語の選択


最後に、「基本」タブにあ [コード生成] タンをクリックし、コンポーネントの雛型を生成します。


Generate.png
雛型の生成(Generate)


※ 生成されるコード群は、eclipse 起動時に指定したワークスペースフォルダーの中に生成されます。現在のワークスペースは、「ファイル」 > 「ワークスペースの切り替え...」で確認することができます。

仮ビルド

さて、ここまでで Flip コンポーネントのソースコードが生成されました。 処理の中身は実装されていないので、InPort に画像を入力しても何も出力されませんが、生成直後のソースコードだけでもコンパイルおよび実行はできます。

※サービスポートとプロバイダを持つコンポーネントの場合、実装を行わないとビルドが通らないものもあります。

では、まず CMake を利用してビルド環境の Configure を行います。Linuxであれば、Flip コンポーネントのソースが生成されたディレクトリーで

 $ cmake .
 $ make

とすれば、Configure およびビルドが完了するはずです。

Windows の場合は GUI を利用してConfigure してみます。 スタートメニューなどから CMake (cmake-gui) を起動します。

CMakeGUI0.png
CMake GUI の起動とディレクトリーの指定

画面上部に以下のようなテキストボックスがありますので、それぞれソースコードの場所(CMakeList.txtがある場所) と、ビルドディレクトリーを指定します。

  • Where is the soruce code
  • Where to build the binaries

ソースコードの場所は Flip コンポーネントのソースが生成された場所で CMakeList.txt が存在するディレクトリーです。デフォルトでは <ワークスペースディレクトリー>/Flip になります。

Eclipse の画面左側、パッケージエクスプローラの Flip 直下の CMakeLists.txt を CMake GUI の Where is the soruce code のテキストボックスにドラッグアンドドロップするのが一番手っ取り早いでしょう。

ProjectToCMake.png
CMakeLists.txtの指定

ビルドディレクトリーとは、ビルドするためのプロジェクトファイルやオブジェクトファイル、バイナリを格納する場所のことです。 場所は任意ですが、この場合 <ワークスペースディレクトリー>/Flip/build のように分かりやすい名前をつけた Flip のサブディレクトリーを指定することをお勧めします。

Where is the soruce code C:\rtcws\Flip
Where to build the binaries C:\rtcws\Flip\build

指定したら、下の [Configure] ボタンをクリックします。すると下図のようなダイアログが表示されますので、生成したいプロジェクトの種類を指定します。 今回はVisual Studio 10 とします。VS8やVS9を利用している方はそれぞれ読み替えてください。 また、プロジェクトのタイプには 32bit と 64bit も選択できる場合がありますので、自分がインストールしている OpenRTM-aist に合わせて選択してください。

CMakeGUI1.png
生成するプロジェクトの種類の指定

ダイアログで [Finish] をクリックすると Configure が始まります。問題がなければ下部のログウインドウに「Configuring done」と出力されますので、続けて「Generate」ボタンをクリックします。 「Generating done」と出ればプロジェクトファイル・ソリューションファイル等の出力が完了します。

なお、CMake は Configure の段階でキャッシュファイルを生成しますので、トラブルなどで設定を変更したり環境を変更した場合は [File] > [Delete Cache] でキャッシュを削除して Configure からやり直してください。

次に先ほど指定した build ディレクトリーの中の Flip.sln をダブルクリックして Visual Studio 2010 を起動します。

起動後、ソリューションエクスプローラーの「ALL_BUILD」を右クリックし「ビルド」を選択してビルドします。 特に問題がなければ正常にビルドが終了します。

VCbuild0.png
ビルド画面

ヘッダ、ソースの編集

ヘッダ (include/Flip/Flip.h) およびソースコード (src/Flip.cpp) をそれぞれ編集します。 Eclipse 画面左のパッケージエクスプローラでそれぞれのファイルをダブルクリックすると、通常は Visual C++ の編集画面が開きますので、そこで編集します。 Eclipse の中央のエディタにドラッグアンドドロップしても編集できます。

アクティビティ処理の実装

Flip コンポーネントでは、InPort から受け取った画像を画像保存用バッファに保存し、その保存した画像を OpenCV の cvFlip() 関数にて変換します。 その後、変換された画像を OutPort から送信します。


onActivated()、onExecute()、onDeactivated() での処理内容を下図に示します。

FlipRTC_State.png
アクティビティ処理の概要


onExecute() での処理を下図に示します。


FlipRTC.png
onExucete() での処理内容


ヘッダファイル (Flip.h) の編集

OpenCV のライブラリを使用するため、OpenCV のインクルードファイルをインクルードします。

 //OpenCV用インクルードファイルのインクルード
 #include<cv.h>
 #include<cxcore.h>
 #include<highgui.h>

この cvFlip コンポーネントでは、画像領域の確保、Flip 処理、確保した画像領域の解放のそれぞれの処理を行います。 これらの処理は、それぞれonActivated()、onDeactivated()、onExecute() のコールバック関数にて行います。

   /***
    *
    * The activated action (Active state entry action)
    * former rtc_active_entry()
    *
    * @param ec_id target ExecutionContext Id
    *
    * @return RTC::ReturnCode_t
    * 
    * 
    */
   virtual RTC::ReturnCode_t onActivated(RTC::UniqueId ec_id);
 
   /***
    *
    * The deactivated action (Active state exit action)
    * former rtc_active_exit()
    *
    * @param ec_id target ExecutionContext Id
    *
    * @return RTC::ReturnCode_t
    * 
    * 
    */
   virtual RTC::ReturnCode_t onDeactivated(RTC::UniqueId ec_id);
 
   /***
    *
    * The execution action that is invoked periodically
    * former rtc_active_do()
    *
    * @param ec_id target ExecutionContext Id
    *
    * @return RTC::ReturnCode_t
    * 
    * 
    */
   virtual RTC::ReturnCode_t onExecute(RTC::UniqueId ec_id);

反転した画像の保存用にメンバー変数を追加します。

   IplImage* m_imageBuff;
   IplImage* m_flipImageBuff;

ソースファイル (Flip.cpp) の編集

下記のように、onActivated()、onDeactivated()、onExecute() を実装します。

 RTC::ReturnCode_t Flip::onActivated(RTC::UniqueId ec_id)
 {
   // イメージ用メモリの初期化
   m_imageBuff = NULL;
   m_flipImageBuff = NULL;
 
   // OutPortの画面サイズの初期化
   m_flippedImage.width = 0;
   m_flippedImage.height = 0;
  
   return RTC::RTC_OK;
 }
 
 
 RTC::ReturnCode_t Flip::onDeactivated(RTC::UniqueId ec_id)
 {
   if(m_imageBuff != NULL)
   {
     // イメージ用メモリの解放
     cvReleaseImage(&m_imageBuff);
     cvReleaseImage(&m_flipImageBuff);
   }
 
   return RTC::RTC_OK;
 }
 
 
 RTC::ReturnCode_t Flip::onExecute(RTC::UniqueId ec_id)
 {
   // 新しいデータのチェック
   if (m_originalImageIn.isNew()) {
     // InPortデータの読み込み
     m_originalImageIn.read();
 
     // InPortとOutPortの画面サイズ処理およびイメージ用メモリの確保
     if( m_originalImage.width != m_flippedImage.width || m_originalImage.height != m_flippedImage.height)
       {
     m_flippedImage.width = m_originalImage.width;
     m_flippedImage.height = m_originalImage.height;
 
     // InPortのイメージサイズが変更された場合
     if(m_imageBuff != NULL)
       {
         cvReleaseImage(&m_imageBuff);
         cvReleaseImage(&m_flipImageBuff);
       }
 
     // イメージ用メモリの確保
     m_imageBuff = cvCreateImage(cvSize(m_originalImage.width, m_originalImage.height), IPL_DEPTH_8U, 3);
     m_flipImageBuff = cvCreateImage(cvSize(m_originalImage.width, m_originalImage.height), IPL_DEPTH_8U, 3);
       }
 
     // InPortの画像データをIplImageのimageDataにコピー
     memcpy(m_imageBuff->imageData,(void *)&(m_originalImage.pixels[0]),m_originalImage.pixels.length());
 
     // InPortからの画像データを反転する。 m_flipMode 0: X軸周り, 1: Y軸周り, -1: 両方の軸周り
     cvFlip(m_imageBuff, m_flipImageBuff, m_flipMode);
 
     // 画像データのサイズ取得
     int len = m_flipImageBuff->nChannels * m_flipImageBuff->width * m_flipImageBuff->height;
     m_flippedImage.pixels.length(len);
 
     // 反転した画像データをOutPortにコピー
     memcpy((void *)&(m_flippedImage.pixels[0]),m_flipImageBuff->imageData,len);
 
     // 反転した画像データをOutPortから出力する。
     m_flippedImageOut.write();
   }
 
   return RTC::RTC_OK;
 }

CMake によるビルドに必要なファイルの生成

CMakeList.txt の編集

Eclipse 画面左のパッケージエクスプローラで src/CMakeLists.txt をダブルクリックもしくはエディタへドラッグアンドドロップして編集します。

EditCmakeLists.png
CMakeLists.txt の編集

このコンポーネントでは OpenCV を利用していますので、OpenCV のヘッダのインクルードパス、ライブラリやライブラリサーチパスを与えてやる必要があります。 幸いOpenCV は CMake に対応しており、以下の2行を追加・変更するだけで OpenCV のライブラリがリンクされ使えるようになります。

  • src/CMakeLists.txt を修正する
    • Eclipse のパッケージエクスプローラで src/CMakeLists.txt をダブルクリック
  • find_package(OpenCV REQUIRED)を追加
  • 最初のtarget_link_libraries に ${OpenCV_LIBS} を追加
    • target_link_libraries は2ヶ所あり、上がDLL、下が実行ファイルのライブラリ指定です

 set(comp_srcs Flip.cpp )
 set(standalone_srcs FlipComp.cpp)
 
 find_package(OpenCV REQUIRED) ←この行を追加
   :中略
 add_dependencies(${PROJECT_NAME} ALL_IDL_TGT)
 target_link_libraries(${PROJECT_NAME} ${OPENRTM_LIBRARIES} ${OpenCV_LIBS}) ← OepnCV_LIBSを追加
   :中略
 add_executable(${PROJECT_NAME}Comp ${standalone_srcs}
   ${comp_srcs} ${comp_headers} ${ALL_IDL_SRCS})
 target_link_libraries(${PROJECT_NAME}Comp ${OPENRTM_LIBRARIES} ${OpenCV_LIBS}) ← OepnCV_LIBSを追加

VC++ によるビルド

ビルドの実行

CMakeList.txt を編集したので、再度 CMake GUI で Configure および Generate を行います。 CMake の Generate が正常に終了した事を確認し、Flip.slnファイルをダブルクリックし、Visual C++ 2010 を起動します。

Visual C++ 2010の起動後、下図のようにし、コンポーネントのビルドを行います。


VC++_build.png
ビルドの実行


Flip コンポーネントの動作確認

ここでは、OpenRTM-aist-1.1 以降で同梱されるようになったカメラコンポーネント (OpenCVCameraComp、または DirectShowCamComp)とビューアコンポーネント (CameraViewerComp)を接続し動作確認を行います。

NameService の起動

コンポーネントの参照を登録するためのネームサービスを起動します。


[スタート] > [すべてのプログラム] > [OpenRTM-aist] > [C++] > [tools] の順に辿り、「Start Naming Service」をクリックしてください。

&color(RED){※ 「Start Naming Service」をクリックしても omniNames が起動されない場合は、フルコンピューター名が14文字以内に設定されているかを確認してください。

rtc.conf の作成

RTコンポーネントでは、ネームサーバーのアドレスやネームサーバーへの登録フォーマットなどの情報を rtc.conf というファイルで指定する必要があります。

下記の内容を rtc.conf というファイル名で保存し、Flip\FlipComp\Debug(もしくは、Release)フォルダーに置いてください。

※ Eclipse 起動時に workspace をデフォルトのままにしていた場合、Flipフォルダーのパスは、

C:\Documents and Settings\<ログインユーザー名>\workspace となります。

 corba.nameservers: localhost
 naming.formats: %n.rtc

Flip コンポーネントの起動

Flip コンポーネントを起動します。

先程 rtc.conf ファイルを置いたフォルダにある、FlipComp.exe ファイルを実行してください。

カメラコンポーネントとビューアコンポーネントの起動

USBカメラのキャプチャ画像を OutPort から出力する OpenCVCameraComp、または DirectShowCamComp コンポーネントと、InPort で受け取った画像を画面に表示する CameraViewerComp を起動します。

これら2つのコンポーネントは、下記の手順にて起動できます。

[スタート] > [すべてのプログラム] > [OpenRTM-aist] > [components] > [C++] > [examples] > [opencv-rtcs] の順に辿り、「OpenCVCameraComp」と「CameraViewerComp」をそれぞれクリックして実行します。

OpenCVCameraComp ではうまくカメラを認識しない場合があります。その場合は DirectShowCamComp を使用してみてください。

コンポーネントの接続

下図のように、RTSystemEditor にて OpenCVCameraComp (またはDirectShowcomp) と Flip、CameraviewerComp コンポーネントを接続します。

RTSE_Connect.png
コンポーネントの接続

コンポーネントのActivate

RTSystemEditor の上部にあります「ALL」というアイコンをクリックし、全てのコンポーネントをアクティブ化します。 正常にアクティベートされた場合、下図のように黄緑色でコンポーネントが表示されます。


RTSE_Activate.png
コンポーネントのアクティブ化


動作確認

下図のようにコンフィギュレーションビューにてコンフィギュレーションを変更することができます。

Flip コンポーネントのコンフィギュレーションパラメーター「flipMode」を「0」や「-1」などに変更し、画像の反転が行われるかを確認してください。


RTSE_Configuration.png
コンフィギュレーションパラメーターの変更


Flip コンポーネントの全ソース

Flip コンポーネントソースファイル (Flip.cpp)

 // -*- C++ -*-
 /*!
  * @file  Flip.cpp
  * @brief Flip image component
  * @date $Date$
  *
  * $Id$
  */
 
 #include "Flip.h"
 
 // Module specification
 static const char* flip_spec[] =
   {
     "implementation_id", "Flip",
     "type_name",         "Flip",
     "description",       "Flip image component",
     "version",           "1.0.0",
     "vendor",            "AIST",
     "category",          "Category",
     "activity_type",     "PERIODIC",
     "kind",              "DataFlowComponent",
     "max_instance",      "1",
     "language",          "C++",
     "lang_type",         "compile",
     // Configuration variables
     "conf.default.flipMode", "1",
     // Widget
     "conf.__widget__.flipMode", "radio",
     // Constraints
     "conf.__constraints__.flip_mode", "(-1,0,1)",
     ""
   };
 
 /*!
  * @brief constructor
  * @param manager Maneger Object
  */
 Flip::Flip(RTC::Manager* manager)
   : RTC::DataFlowComponentBase(manager),
     m_originalImageIn("originalImage", m_originalImage),
     m_flippedImageOut("flippedImage", m_flippedImage)
 {
 }
 
 /*!
  * @brief destructor
  */
 Flip::~Flip()
 {
 }
 
 
 RTC::ReturnCode_t Flip::onInitialize()
 {
   // Registration: InPort/OutPort/Service
   // Set InPort buffers
   addInPort("originalImage", m_originalImageIn);
   
   // Set OutPort buffer
   addOutPort("flippedImage", m_flippedImageOut);
   
   // Bind variables and configuration variable
   bindParameter("flipMode", m_flipMode, "1");
 
   return RTC::RTC_OK;
 }
 
 
 RTC::ReturnCode_t Flip::onActivated(RTC::UniqueId ec_id)
 {
   // イメージ用メモリの初期化
   m_imageBuff = NULL;
   m_flipImageBuff = NULL;
 
   // OutPortの画面サイズの初期化
   m_flippedImage.width = 0;
   m_flippedImage.height = 0;
  
   return RTC::RTC_OK;
 }
 
 
 RTC::ReturnCode_t Flip::onDeactivated(RTC::UniqueId ec_id)
 {
   if(m_imageBuff != NULL)
   {
     // イメージ用メモリの解放
     cvReleaseImage(&m_imageBuff);
     cvReleaseImage(&m_flipImageBuff);
   }
 
   return RTC::RTC_OK;
 }
 
 
 RTC::ReturnCode_t Flip::onExecute(RTC::UniqueId ec_id)
 {
   // 新しいデータのチェック
   if (m_originalImageIn.isNew()) {
     // InPortデータの読み込み
     m_originalImageIn.read();
 
     // InPortとOutPortの画面サイズ処理およびイメージ用メモリの確保
     if( m_originalImage.width != m_flippedImage.width || m_originalImage.height != m_flippedImage.height)
       {
     m_flippedImage.width = m_originalImage.width;
     m_flippedImage.height = m_originalImage.height;
 
     // InPortのイメージサイズが変更された場合
     if(m_imageBuff != NULL)
       {
         cvReleaseImage(&m_imageBuff);
         cvReleaseImage(&m_flipImageBuff);
       }
 
     // イメージ用メモリの確保
     m_imageBuff = cvCreateImage(cvSize(m_originalImage.width, m_originalImage.height), IPL_DEPTH_8U, 3);
     m_flipImageBuff = cvCreateImage(cvSize(m_originalImage.width, m_originalImage.height), IPL_DEPTH_8U, 3);
       }
 
     // InPortの画像データをIplImageのimageDataにコピー
     memcpy(m_imageBuff->imageData,(void *)&(m_originalImage.pixels[0]),m_originalImage.pixels.length());
 
     // InPortからの画像データを反転する。 m_flipMode 0: X軸周り, 1: Y軸周り, -1: 両方の軸周り
     cvFlip(m_imageBuff, m_flipImageBuff, m_flipMode);
 
     // 画像データのサイズ取得
     int len = m_flipImageBuff->nChannels * m_flipImageBuff->width * m_flipImageBuff->height;
     m_flippedImage.pixels.length(len);
 
     // 反転した画像データをOutPortにコピー
     memcpy((void *)&(m_flippedImage.pixels[0]),m_flipImageBuff->imageData,len);
 
     // 反転した画像データをOutPortから出力する。
     m_flippedImageOut.write();
   }
 
   return RTC::RTC_OK;
 }
 
 
 extern "C"
 {
  
   void FlipInit(RTC::Manager* manager)
   {
     coil::Properties profile(flip_spec);
     manager->registerFactory(profile,
                              RTC::Create<Flip>,
                              RTC::Delete<Flip>);
   }
   
 };

Flipコンポーネントのヘッダファイル (Flip.h)

 // -*- C++ -*-
 /*!
  * @file  Flip.h
  * @brief Flip image component
  * @date  $Date$
  *
  * $Id$
  */
 
 #ifndef FLIP_H
 #define FLIP_H
 
 #include <rtm/Manager.h>
 #include <rtm/DataFlowComponentBase.h>
 #include <rtm/CorbaPort.h>
 #include <rtm/DataInPort.h>
 #include <rtm/DataOutPort.h>
 #include <rtm/idl/BasicDataTypeSkel.h>
 #include <rtm/idl/ExtendedDataTypesSkel.h>
 #include <rtm/idl/InterfaceDataTypesSkel.h>
 
 //OpenCV用インクルードファイルのインクルード
 #include<cv.h>
 #include<cxcore.h>
 #include<highgui.h>
 
 using namespace RTC;
 
 /*!
  * @class Flip
  * @brief Flip image component
  *
  */
 class Flip
   : public RTC::DataFlowComponentBase
 {
  public:
   /*!
    * @brief constructor
    * @param manager Maneger Object
    */
   Flip(RTC::Manager* manager);
 
   /*!
    * @brief destructor
    */
   ~Flip();
 
   /***
    *
    * The initialize action (on CREATED->ALIVE transition)
    * formaer rtc_init_entry() 
    *
    * @return RTC::ReturnCode_t
    * 
    * 
    */
    virtual RTC::ReturnCode_t onInitialize();
 
   /***
    *
    * The activated action (Active state entry action)
    * former rtc_active_entry()
    *
    * @param ec_id target ExecutionContext Id
    *
    * @return RTC::ReturnCode_t
    * 
    * 
    */
    virtual RTC::ReturnCode_t onActivated(RTC::UniqueId ec_id);
 
   /***
    *
    * The deactivated action (Active state exit action)
    * former rtc_active_exit()
    *
    * @param ec_id target ExecutionContext Id
    *
    * @return RTC::ReturnCode_t
    * 
    * 
    */
    virtual RTC::ReturnCode_t onDeactivated(RTC::UniqueId ec_id);
 
   /***
    *
    * The execution action that is invoked periodically
    * former rtc_active_do()
    *
    * @param ec_id target ExecutionContext Id
    *
    * @return RTC::ReturnCode_t
    * 
    * 
    */
    virtual RTC::ReturnCode_t onExecute(RTC::UniqueId ec_id);
 
  protected:
   // Configuration variable declaration
   /*!
    * 
    * - Name:  flipMode
    * - DefaultValue: 1
    */
   int m_flipMode;
 
   // DataInPort declaration
   CameraImage m_originalImage;
 
   /*!
    */
   InPort<CameraImage> m_originalImageIn;
   
   // DataOutPort declaration
   CameraImage m_flippedImage;
 
   /*!
    */
   OutPort<CameraImage> m_flippedImageOut;
 
  private:
   // 処理画像用バッファ
   IplImage* m_imageBuff;
   IplImage* m_flipImageBuff;
 };
 
 
 extern "C"
 {
   DLL_EXPORT void FlipInit(RTC::Manager* manager);
 };
 
 #endif // FLIP_H

Flip コンポーネントの全ソースコード

Flip コンポーネントの全ソースコードを以下に添付します。

Flip.zip

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1656
プロジェクト統計
RTコンポーネント288
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム