概要・システム構築の流れ

OpenRTM-aist RT System Editor 概要

現在 OMG にて、ロボット開発の効率を高める Robot Technology Component(以下RTC)の仕様策定が行われています。この RTC 仕様を実装および適用した共通プラットフォームとして、独立行政法人産業技術総合研究所・知能システム研究部門・統合知能研究グループでは OpenRTM-aist を提供しています。
RTSystemEditor は、この OpenRTM-aist に含まれる開発ツールの1つであり、RTC をリアルタイムにグラフィカル操作する機能を持っています。また、その名前のとおり Eclipse 統合開発環境のプラグインとして作成されており、Eclipse 上にて既存のプラグインとシームレスに操作を行うことができます。

対象

本ドキュメントは、RTC についての基本知識を既に持っている方を対象としています。RTC の内容については、OMG のドキュメントや こちらを参照してください。

画面例

ここでは、OpenRTM-aist RT System Editor (以下 RTSystemEditor) の画面例を示します。

fig1InitialOfEclipseStart_1.png
RTSystemEditor の画面例


機能概要

RTSystemEditor は、 RTC をリアルタイムにグラフィカル操作する機能を持っています。提供される機能の一覧は以下のとおりです。

機能概要一覧

機能名称 機能概要
コンポーネントコンフィグレーション表示/編集機能 選択したコンポーネントのコンフィギュレーションプロファイル情報をコンフィグレーションビューに表示し編集する。
コンポーネント動作変更機能 選択したコンポーネントの動作を変更する。
RTシステム組み立て機能 システムエディタ上でシステムの組み立てを行う。
システムセーブ/オープン機能 システムエディタの内容をRTSプロファイルとしてセーブする。RTSプロファイルをシステムエディタでオープンする。システムのポート接続、コンフィグレーションを変更しない)
システム復元機能 RTS プロファイルをシステムエディタでオープンし、プロファイルの内容を元にシステムを復元する。(プロファイルの内容でシステムのポート接続、コンフィグレーションを再構築する)

動作環境

RTSystemEditor の動作に必要な環境は以下のとおりです。

動作環境

環境 備考
Java Development Kit 6 注意:Java1.5(5.0)では動作しません。
Eclipse 3.4以上 Eclipse 本体
Eclipse EMF 2.4以上(SDO,XSD含む) RTSystemEditor が依存する Eclipse プラグイン
※ご使用になられる Eclipse のバージョンに合ったものをご使用ください。
Eclipse GEF 3.4以上 RTSystemEditor が依存する Eclipse プラグイン
※ご使用になられる Eclipse のバージョンに合ったものをご使用ください。
RT Name Service View RTSystemEditorが依存するOpenRTM-aist に含まれる開発ツール
RT Repository View RTSystemEditorが依存するOpenRTM-aist に含まれる開発ツール

制限

RTSystemEditor は、 OpenRTM-aist を対象に開発されたものです。その他の RTC プラットフォームに対する操作は想定しておりません。

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1656
プロジェクト統計
RTコンポーネント288
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム