インストールおよび起動

ここでは、 RTSystemEditor のインストールおよび起動について説明します。

RTSystemEditor のインストール

RTSystemEditor は Eclipse プラグインであるため、 Eclipse 本体および依存している他の Eclipse プラグインをまずインストールする必要があります。 インストールに関しては、OpenRTM Eclipse tools のインストールを参照願います。

RT System Editorの起動

インストール後、 Eclipse を初めて起動すると、以下のようなページが表示されます。

fig2InitialOfEclipseStart_1.png
Eclipse の初期起動時の画面


この Welcome ページを左上の「X」により閉じると以下のページが表示されます。

fig3PerspectiveSwitch.png
パースペクティブの切り替え


右上の「Open Perspective」ボタンを押下し、プルダウンの「Other…」ボタンを押下します。

fig4PerspectiveSelection.png
パースペクティブの選択


「RT System Editor」を選択することで、 RTSystemEditor が起動します。


fig5InitialOfRTSystemEditorStarts.png
RT System Editor の初期起動時画面


最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1632
プロジェクト統計
RTコンポーネント286
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

Join our slack

Enter email address for slack invite.

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム